2020年6月28日 (日)

(700) 娘の憂鬱

このブログではメインではない娘のことでキリ番を書くのもどうかとも思いましたが…

娘の学校も、リアル登校が始まりました。

それに関連し、娘がこぼすように言うのには、

・新しいクラスなんだけど、自分の周りにいる子は皆1年生の時に同じクラスだった子で、既に関係が築かれている。

・そこに、自分が入りにくい。

・学校からは、感染防止のため休み時間もあまり話をしないように指導されているが、彼女たちは従っていない。

・学校の行き帰りも、本当はバラバラでなければならないが、一緒に登下校している人が多い。

ということで、当方からは

・遠くの席の子とお話できないのか?

と聞いてみたのですが、

・それは、学校からあまり話をしないように言われており、良くないと考えている。

だそうです。その為、より本質的な問いをしました。

・あなたは、友達が欲しいのか?

これに対し、娘は

・無理に要らない。でも、体育の時に2人一組になることがあり、相手が見つからなくて困ったことがある。

という答えでした。

親から見た娘は、家族の中でコミュニケーションに特に問題を感じることはないものの、友達関係作りは上手くないようです。

私から言えたことは、

・友達といってもいろいろなレベルがあって、一生付き合いたい友達ってそう簡単には見つからないもの。

・今のクラスメートだって、来年別のクラスになれば話をすることもまずなくなる。そういうことは気にしない。

・私自身、50年以上生きてきて、付き合い続けたいと強く思う友達は10人程度。友達がいないことを特に悪く受止める必要は無い。

・ただ、自分の興味関心や感情に共感してくれる人はいてくれた方が嬉しいと思う。そういう人を中・高・大で1人ずつでも得られたら、それだけでも十分だと思う。

ということでした。今ひとつ腑に入っていない印象ではありましたが、今の私も言えることはここまでです。

娘も、障害域ではないけれど、人付き合いには苦労していることを感じて、ちょっと胸が痛くなりました。

何か良いアドバイスがありましたら、教えて下さい。

2020年5月30日 (土)

(698) 学校再開

緊急事態宣言が解除され、学校側も動き始めました。

息子は来月から、登校して半日授業となります。

しばらくは、電車通学に慣れて通学に耐えられる体力を取り戻すところからスタートだな、と思います。

いや、私自身半在宅勤務が続いていたところ、緊急事態宣言解除によりフル出社をすることとなり、一週間ベタで通うのが厳しかったため、本当にそう思います。

息子は、娘のように新しいクラスで友達ができるのか? といった心配を口にすることもありません。そういう特性が今のところは役立っています。

さて、来月からの成り行きに注目です。

2020年5月21日 (木)

(697) 学校の課題

東京では、まだ通学できる状況にはなっておりません。

息子の学校では、タブレットを用いた動画での指導と、郵送してきた課題への取組みで、今の時期を乗り切ろうとしています。

娘の学校も似たようなものであり、今風の対処法として特段珍しくはないものなのでしょう。

ただ、息子の課題への取組み方については、若干問題を感じます。

基本的に、自律的に取組むことはできません。

妻がプロンプトする(それも、数回)ことで、やっと夕食・入浴後に取組むことも珍しくはないのです。

かといって、サボタージュしたり放置したりも性に合わないようで、遅くなってからではあるものの、大体やり遂げています。

とは言え、結果として終わるのが日が変わってからとなることもあり、生活リズム的には心配になります。ここを父親として厳しく言うことを拒むものではありませんが、微妙なバランスを保ちながらも息子の自宅待機状態が進んでいるので、敢えて波風を立てるのが良いことなのかを考えると、今のままでいくかということになります。

苦渋の決断というのは言い過ぎですが、親としての懸念は残ります。

2020年4月19日 (日)

(695) 外出抑制と子供への対応について

大人でも飽きてくる外出抑制、子供さんの対応に困っているお宅も多いと思います。

幸い(なのか若干心配でもあるのですが)我が家の子供たちは、事情を理解して、或いは元々人と関わる意欲がそれほど強くないこともあって、特段ストレスを感じてはいないようです。

先ほど、twitterのタイムラインに、子供を連れて買い物に行くリスクを慮って置いていこうとするお母さんと、まだ幼くてお母さんについて行きたい子のやり取りを記したものが流れてきました。幼い子供ならお母さんについて行きたいのだろうなあと思った時に、ふと昔のことを思い出しました。

それはもう、11年近く前のことです。息子が幼稚園の年長、娘はまだ入園前でした。娘が熱を出して、やむなく休日夜間外来のある病院に私が娘を自転車の後ろに乗せて連れて行こうとした時、息子がそれをうらやましく思ったのか、言葉には出しません(出せません)でしたけど、「自分も連れて行け」という態度を露骨に見せたことがありました。

しかし、休日夜間外来は、急な発熱等で病気になった人ばかりが集うところです。不要な息子が行って良からぬ病気をもらっては困るので、妻が息子を押しとどめている間に、私は娘を乗せて自転車で出発しました。でも、息子はその後しばらく私たちの後を追って走っていたと後で妻から聞きました。結局追いつくことはなく、逆に息子を追いかけてきた妻に捕まって自宅に帰ることとなったわけですが。

その時のことを思い出すと、今妻が出掛けようとしても、息子も娘も「行ってらっしゃい!」と言うだけで、どちらもついて行こうとはしません。誘っても拒否します。

今、そういう子供の熱意にお困りの方に、このことをお伝えしたいと思います。

2020年2月 9日 (日)

(691) 義父の葬儀

先週、義父(妻の父)が急逝しました。

それからの状況変化はかなりのものがありました。

結局、当日に通夜、翌日に葬儀という慌ただしい日程が急遽決まり、大慌てで九州の妻の里に家族で向かいました。

元々癌を患っており、年内にはいずれ…程度に薄っすら思っていたのですが、急にこうなるとは思いませんでした。

平日の朝であり、最初は危篤、そして一番早い息子が既に登校した後に死の知らせが届いたものの、その時点では何も決まっておらず、妻とも相談した結果「取りあえず、決まるまでは普段通り」にしようということで、娘も私もそのまま登校・出社しました。

その後、上記のような日程について連絡があり、息子・娘・私の全員が忌引きで早退し、九州に向かうということになりました。

急な予定変更という発達障害のある息子には厳しい状態でしたが、息子は全く問題なく状況に追従することができました。

式においても、親戚席にいて周りの動きにワンテンポ遅れるようなところはありましたが、特段悪目立ちすることもなく、焼香も無事に終えることができました。焼骨きちんと拾えましたし…

もちろん、細かいところでは、ちょこちょことはありました。ネクタイがうまく結べないとか、前日着た制服のワイシャツを当日も着ることに不満を述べた等ですが、それを差し引いても十分合格点だったと思います。

義父は、義父の孫の中で息子をとりわけ可愛がってくれていました。

往路のレンタカーの車中で、そのことを息子に語ったところ、

「うん、分かっている」と、あまり感情のこもらない口調で返事をしました。

本人は本当にそう思っているのですが、こういうところで特性が出てしまうなあと思いました。

情感を込める、も難しいことなのでしょう。

私自身は、子どもに厳しくすることを是としない義父の姿勢を見習わせて頂きましたし、「息子は、義父という味方を一人失ったな」と思うと、そのことをとても残念に思います。

2020年1月 5日 (日)

(688) 息子の年越しと今年の展望

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、割と穏やかな天候の中で年末年始がほぼ終わろうとしています。

息子は、乗り鉄をしに行った日が多かったです。

大晦日も、夕食を取ると一人出て行き、初日の出を見る列車に乗りに行きました。
元旦の10:20頃に帰ってきましたが…

原資は、お小遣いと学習時間に応じた手当の支給wと昼食代の節約によりねん出しており、改めて親が出すことはしておりません。

金銭面を除けば、親からはかなり独立していると思います。一人で計画を立て、実際に出歩き、食事も自分で調達し、LINEでの呼びかけに対して返信することもできています。少し寂しい気もしますが、男の子は本来そういうものなのだろうと思っています。

よって、これから親の出る幕は、勉強を手伝うことと、将来を考えることに絞られてきたと思います。

続きを読む "(688) 息子の年越しと今年の展望" »

2019年7月15日 (月)

(675)三連休

三連休が終わろうとしています。夏休み前の三連休って、子どもたちにはあまり意味が無いなあと感じています(大人にとっては大いに意味がありますが)。

実は、兄妹とも私立に通うようになって、期末テストが終わると学校の密度が下がるという現実があります。

息子の方はあと一週間ありますが、午前で終わるようになっています。そして、幸い夏休みの補習に呼び出されることもありませんでした。

妹の方も、補習に申し込むように強く言われることもなく、淡々と過ごしています。

なお、息子は相変わらず鉄っちゃん振りを発揮して電車に乗りに行ったりしていましたが、これまでと異なり、LINEを用いて行った先で友人と待ち合わせるということもできるようになっています。このような付き合いができるようになったのって、恐らく息子の人生で初めてではないかと思います。

パニックを起こしされて困っていた一回り前の同じ干支の頃の自分に、そういう未来が待っていることを伝えられるものなら伝えたい。そう思います。

2019年5月26日 (日)

(672)LINE

息子、娘のいずれもスマホを持つようになっています。

娘の中学校では、スマホを学校で使用することは禁じられています。学校に持参したらロッカーに預けることになっており、帰宅するまで使うことはできません。

それゆえ、これまでのところLINEでつながる友達というのはいなかったのですが、昨年まで通っていた小学校の運動会があり、知り合いの子が出ることから娘と見に行ったところ、娘は元クラスメイトに出会ってLINEを交換することになったようです。

娘は、友達と初めてのLINE交換ということで喜んでいました。

その子は人柄も良く、何人かLINEを交換していた子でグループを作ってくれ、そのグループに加入することで更に多くの元クラスメイトとやり取りする基盤ができ上りました。

しかしながら、皆さん忙しいようで、初日の「よろしく!」メッセージの応酬が終わった後は、大したやり取りが行われることなく収束しています。

実は、息子のLINEの方もそうなのですが、今回のことで健常者社会でも同様になることが娘のLINEで明らかになり、そんなものなんだなということが分かってホッとするとともに、良かったという気持ちと今の子はその一瞬だけ盛り上がるんだけど持続しないなあ、それで良いのかなあという懐疑が交錯しています。

2019年3月30日 (土)

(667) 一人旅

息子が今週、一人で夜行列車に乗り京都に行って帰ってきました。

 

青春十八きっぷを買って、「ムーンライトながら」に乗り、更にその先も普通列車を乗り継いで京都まで行ってきました。しっかり調べて、小田原から乗る(∵このきっぷは一日単位なので、夜行に乗ると日が変わる時点で失効してもう一枚券が必要になるため、日が変わって最初に停まる小田原から乗ると、一枚で済む)という、テツの常識は、身につけておりましたw

京都では、メジャーな観光地を訪ねるつもりはなかったようで、京都鉄道博物館に行ってきたようです。これで、大宮の鉄道博物館、名古屋のリニア鉄道館とともに、主要な鉄道博物館は全て制覇したことになります。

 

妻との約束であった「京都に着いたらLINEで報告する」もキチンとできていました。

 

さすがに帰りは新幹線で戻ってきましたが、お土産の八つ橋は忘れずに買ってきてくれました。

 

恐らく、息子は一人でどこへでも行けるようになっている気がします。明後日から高校生、頑張って欲しいものです。

2019年3月24日 (日)

(666) 卒業式とその後

息子は、先週めでたく義務教育課程を修了し、中学校を卒業しました。
息子の学校では、昨今のイジメ対策も兼ねているのでしょうけれど、卒業前に担任の先生から「打ち上げをやることは任せる。但し全員参加でなければその企画をやることは認めない」と言われていました。
冷静に考えると、担任の先生がその打ち上げに参加するわけでもなく、実効性は乏しい気がするのですが、それでも最後までそのような指導がなされていることについては、素直に頭が下がる思いがします。
そういう背景があって、あまりクラスで級友との交際が少ないであろう息子にも○○という店で打ち上げをやるので来ないか? というお誘いメールが、妻の携帯にありましたw 妻の携帯というのは、お誘い主のお母さんが妻と知り合いであるため、その携帯にメールを送ってきたという背景があります(息子は、携帯を持っていないので)。
妻は、状況を心得ていましたので、息子に対し「こういうお誘いが来ているけど、どうする? 多分、学校の先生はああ言った(上記の通り)けれど、打ち上げを止めることはできないと思うから、あなたが行きたいと思うなら、行ったら?」という、本人の意向を尊重するアプローチを行いました。
その結果、30分ほどして妻がどうするのかを息子に確かめたところ

続きを読む "(666) 卒業式とその後" »

より以前の記事一覧

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ