2017年5月 7日 (日)

(599) GWを振り返って

このGWは、元々の休日の配置が良かったことに加え、昨今の風潮を反映して会社が休暇取得を奨励するようになったこともあって、丸々9日間お休みさせて頂きました。

明日会社に出たら、机の上に書類が山になっているのではないかと一瞬思いましたが、休んだのは私だけではないので、意外とそれほど悲惨な週明けにはならないのではないか、と楽観しています。

さて、この連休は、恒例となった私の名古屋の実家への里帰りを実施しました。

ただ、御想像の通りGWの高速道路は渋滞もひどく、運転する私としては、道が空いている時に移動したいという思いが強くありました。そのため、「何日の朝から何日の夜まで名古屋に帰ります」という予定を明確に立てることはできず、その前後で道が空いたらすかさず行くことにする、という結構アバウトな予定を立てることとなりました。

その結果、日本道路交通情報センターのHPを都度チェックしながら、渋滞が段々解消されてきた「当初の予定の日の前日の夜中」に出てしまうのが一番楽だ、と出発目途1時間前に私が判断し、まさに自閉系の子が最も苦手とする「急な予定の変更」を息子に通告することとなりました。

そうすると、拒絶はなく、大慌てで自分の荷物(ほとんど遊ぶ道具)を詰め込むストレスでブツブツ言うことはあったものの、何とか対応することができました。この点は、大いなる成長を遂げたと言ってよいでしょう。

ちなみに、息子は車のナビ操作もかなり習熟しており、私のドライブのアシストを十分にこなしてくれました。

深夜に帰名することとなり、翌朝大寝坊してしまったのはしょうがないですし、この点はご愛敬でしょう。

なお、実家では親が庭の手入れをやりきれなくなっており、その草むしりも家族総出で行いました。こちらは、息子に伝えてから出てくるまでに結構時間がかかり、貢献度合いはイマイチではありますが、そういうこともできるようになりました。

帰る日は、息子の楽しみもないとということを考え、、一人で電車に乗って好きなところに行って来て良い、ということとしました。JR、地下鉄、あおなみ線、リニモを満喫するとともに、リニア鉄道館にも行けて満足だったようです。

それ以上に、一人で自由に出かけられるようになったというのは、親の負担も下がり、本人の満足度も上がり、とても助かっています。もちろん、携帯電話は持たせています。

ただ、その最後には最寄り駅まで私が息子を迎えに行く必要があって、息子から携帯で電話がかかってきた時、息子は「途中で列車を1本乗り過ごした」ことを伝えてきた一方、私が「今からどこかに行くのか」と聞いたら、「もう帰る」とも言っていて、「じゃあ駅に迎えに行くね」と伝えたところ、「はい」という返事だったので迎えに行ったところ、いくら待っても改札から出てきませんでした。更にこちらからコールバックしても電話に出ない、ということがあり、名古屋の実家に参集した親戚も含めて心配することとなりました。

結果として、息子はそれより1時間遅れで帰ってきて、たまたま最寄り駅に着いた時にこちらから何度かかけた電話に息子が出て連絡が取れました。

駅で息子を拾って顛末を聞くと、元々息子の頭の中にあった予定の電車の一本に乗り遅れたということを電話してきたようで、彼はその後も乗り鉄の旅を続行していた、一筆書きのように電車には乗るもののどこにも立ち寄らないことから「もう帰る」と表現したことがわかりました。

この点については、双方の意思のスレ違いとは健常者間でもそれなりの頻度で起こることを考え、敢えて叱りおくことはせず、ただ「状況は分かったけれど、帰ると言われたら迎えに行っちゃうよ。今後は、自分が駅に着く時間を言うようにしよう。後、家にいる人たちはあなたが大事だと思っていて、みんな心配しているから、家に着いたら『心配をおかけしてすいませんでした』と言うんだよ。そう言えば誰も怒らないし、その後はお父さんかお母さんが説明するから」と伝えたところ、神妙な面持ちで「はい」と応えました。

家に着いて、きちんとその旨を伝えることができました。もちろんみんなも「良かったね」で済んで、本件はそれで終わってしまいました。失敗と言えば失敗ですが、それをきちんとフォローすることで、ダメージを小さくできることも教えられたと考えると、これも良い機会だったと思います。

帰りも、来た時と同様に日本道路交通情報センターのHPを眺めつつ、やはり渋滞が短くなってきた時間を見定め、10分程度はノロノロになったものの深夜とはいえ無事に帰宅できました。

想定外に対する耐性の低さ、自分の考えをキチンと周囲に伝えることが苦手、という特性があることはわかっていますが、多少の裕度を持ってきていることを感じ、頼もしく思っています。

2017年3月26日 (日)

(595) 春休み

先週で、中学校も終わりました。とりあえず中学の三分の一は終えたことになります。

このように考えると、中学校生活って小学校とは違ってかなり短いな、と改めて感じます。

ここのところは落ち着いていて、「どうせ、学校に行かせようと思っているのだろう?」と親に疑心暗鬼になっているような言動もたまに見せますが、平穏に通っています。

幸い、この一年間イジメに遭うようなこともありませんでした。

ただ、中学校の先生って、自分が社会で揉まれた経験がそうそうあるわけでもないのに(と言ったら失礼ですかね)、「そんなことでは社会でやっていけない」という言い方をしたり、生活指導が細かいところまで行われたり、と息子にとっては不満に感じることもあるようです。まあ、確かに自身の中学時代を思い出すとそういう面はあったなあと感じますし、学校ってその点では進歩がないなあ、と感じます。

とりあえず、妻の指導のよろしきを得て、毎日家庭学習をキチンと行う習慣も身に付いてきており、これは素直に成長だと感じています。

公立中学校の場合、成績は学業成績だけではなく、日々の学習意欲や宿題・課題の提出によっても左右されます。この点も、入学当初に比べればかなり改善しました。

来年度になれば、またクラス替えもあったりしてどうなることやらと感じていますが、とりあえず春休みでも結構宿題が出ており、まずはそれを粛々とこなすことしかないなあと感じています。

小学校に入学した頃に比べれば、かなり楽になったと思います。

2017年3月19日 (日)

(594) 三連休のお楽しみ

前回の記事から、少し間が空きました。

この間にあったできごととしては、家族でスキーに行ったこと、期末試験を無事に終えられたことが挙げられます。

スキーは、実は妹の方が運動神経が良いこともあって上手です。既にパラレルターンもそこそこできるようになっているのですけれど、息子はまだまだ。それでも、自分が滑って行きたい方向に行けるようにはなっています。小さい頃からやらせた成果が、多少は出てきているのかな、と。但し息子は、スクール形式だとシンドイので、個人レッスンを申し込んでいます(割高となりますが、やむを得ません)。今は、障害児でもキチンと教えてくれるところが増えてきており、良かったと思います。

また、期末試験についてですが、妻と塾のバックアップもあって、二学期よりはそこそこ点数も上がりました(甲乙ではなく、丙丁レベルではありますw)。やれば点数が良くなる、という循環を本人が分かるようになると良いのですが、意識への浸透にはもう少し時間がかかりそうです。

なお、学習については、ご批判もあるかと思いますが、親としてはやはり学習を進展させる必要があると考えているため、飴も与えています。即ち、学習時間に応じて小遣いを支払うようにしています。

この小遣いを貯めて、息子はこの三連休、JR東日本の週末パスを購入して、一人旅を楽しんでいます。かなり遠くに行くようですけれど、ネットで丹念に列車の時刻を調べ、それを基に立てた計画を実行するため、今日も朝早くから出かけて行きました。もちろん、万一のこともあり得ることから、携帯電話は持たせています。

この「乗り鉄」趣味に関連して最近気付いたことは、親が「どこに行くの?」と尋ねても素直に言わなくなったな、ということ。秘密を持とうとするようになったことも、成長だと思っています。

発達障害の子の余暇については、悩むことも多いと思いますが、当面自分で何とかやってくれているようで、ありがたいと思います。

2017年1月 9日 (月)

(586) 新年に思うこと

バタバタしているうちに、松の内が明けてしまいました。
何はともあれ、今年もよろしくお願いします。

あまり変わらないように見える息子も、よそ様から言われるとやはり成長しているんだな、と感じます。

一つは、(581)でも書いた通り、一人で外出できるようになったこと。これは自立の第一歩だと思います。

次に、息子に一年ぶりに会ったある方から「いやぁ、すごく大きくなりましたねえ」と言われました。実際、昨年よりも10㎝程度伸びていますので、それはごもっともだと思います。私の出勤時間は、息子の通う中学校の生徒の登校時間とも重なるため、彼らとすれ違うこともあるのですが、彼らと息子を見比べた場合、息子は明らかに大きいです。しかも、すれ違う同じ学校の生徒は、上の学年である可能性が三分の二ほどあるわけですから、それを加味すると大きい部類であろうことは間違いありません。

また、これもあまり意識していなかったことですが、妹とのケンカも減りました。明らかに軋轢の発生度合いが下がっています。息子を見ていると、脊髄反射レベルの反応も減っていて、また怒り方も前ほど圧力が高くありません。

これと多少関連しますが、少しストレス耐性がついてきたのかな、と感じています。これまでは、運動して疲れるとすぐに不機嫌になり、「もうやらない」と言い出すことも度々ありました。でも、今ではそういうことがほとんど見られなくなっています。

これまで、障害を持つ子の親として常に「崩れた時の立て直しのきっかけ」になるようなモノ、機会、スペース等をあらかじめ用意することを考えてきましたが、昨今の様子を見る限り今後は崩れてもド外れたことにはならないかも知れないと感じており、そうであればこういう事前の準備についてももう考えなくても良いのかな、と思うようになっています。

目の前の子の不適切なふるまいがいつまで続くのか、という思いを持たれている方も多いと思います。私が自分の経験だけに基づいて申し上げるのは普遍性が無いかもしれないことは承知しつつも、不適切なふるまいはいずれ改善していくものだと考えて頂いて良いと思います。

今年が良い年になりますよう、祈念しております。

2016年10月30日 (日)

(576) 息子の余暇

息子は、土日のいずれかは外出します。

一人で、電車に乗っていろいろなところに出かけて行きます。

昨年までは、親が付いていかなければ不安でできなかったことです。そのため、私が付き合わされることも多々ありましたが、今ではすっかり一人で出かけるようになりました。しばらくは、家で昼食を食べていた(言い換えると、外で一人で食べることができず、帰宅せざるを得なかった)のですが、今では一人で昼食も食べてきます。

何にせよ、余暇活動ができるようになったことは良かったと思っています。

発達障害児の余暇は、結構重要なこととなります。決まりきったことはできても、逆に決まっていないことが苦手という特性のため、空いた時間に何をして良いかが分からず悩むことも多いと言われていますし。

親としては、もっと他の、より生産的なことだと良いのだけど、という思いもありますが、しばらくはこれで行けるというのもあり、納得しています。

2016年8月13日 (土)

(565) 持って生まれた形

若干の反省も込めて書きますが、発達障害の子を育てていると、どうしても社会性の低さに目が向きます。

「人とうまく関われない、これは何とかしなければ」と思う気持ちはまっとうなものですし、親としてその思いを強くすることは、当然だと思います。

でも、元々子供が持って生まれた形は、健常児の形とはかなり違っているのであって、その「へこんだ」部分ばかりに目を向けるのはどうなのだろうか、多少は伸ばせてもへこみをきれいに埋めることまでは無理なのではないか、と思うのです。

そこに莫大な時間と労力をかけるよりも、もっと強みとなっている部分に力を注ぐべきなのではないか、弱みは頑張ってもせいぜい多少補える程度なのだから、そこでの勝負は最初から降りるべきなのではないか、ということです。

中学に入り、学習が難しくなってきたことからも、有限な時間をまだ残っている強みである学力に振り向けるべきなのだろう、と思い至るようになりました。人柄で進学はできませんし。

本人も、勉強ができるようになりたいという気持ちがまだあるようですし、軸足をそちらに移し始めています。

小学校時代と異なり、残り期間を考えると、これはやむを得ないことだと思います。

2016年8月 7日 (日)

(564) 家族の帰省

今、私は一人暮らしをしています。年に一度のこととなりますが、妻子を妻の里に届けてきました。

家族がいると、8月だというのに「うるさいなあ」と思うことも多いのですが、一人で家にいて、セミしぐれのみ聞こえる炎暑の昼下がり、正直時間を持て余しています。coldsweats01

ただ、そういう「ムダな時間」というのも、実は大切なことなのではないかと考えています。携帯やスマホでいつでもやりたいことができるようになった結果、暇を味わう機会も減ってしまっていると感じており、それが心の余裕を奪う一因となっていないか、と考えてしまうのです。

今回の帰省では、久々に元気を取り戻し(と言っても昔の6割程度)、二人とも家にいることができた妻の父母が、歓迎してくれました(去年は、父の方が入院しておりました)。息子も、帰省の時だけは、爺ちゃんと同じ部屋で寝るという懐きようで、特段のトラブルも無く過ごせているようです。

ただ、妹の方は、段々出不精になってきていて困っていますが…まあ、年頃の女の子になりつつある、ということなのでしょう。

いつまでも一緒に過ごすことができない、祖父母との貴重な時を楽しんでくれたら、と思っています。

2016年5月 1日 (日)

(552) GWの帰省終了

昨日は、日帰りで私の実家に帰省していました。

「日帰り? モッタイナイじゃん!」と思われるのはごもっともではありますが、親の側も年を取ってきて体調不良を訴えており、長居して気を遣わせるのは後で疲れが出る心配があること、こちらも長居するとボロが出るcoldsweats01恐れがあること、おまけに子供達の体が大きくなってきており、一部屋に収まって寝るのが難しくなってきていることから、今回はこのような帰省方法を取りました。

その代わり、これまでは車での移動であったところ、往復新幹線というゴージャス(?)な旅をすることとなりました。こちらは、単純に私が一日で往復するのはシンドイ、渋滞に巻き込まれたらさらにキツイ、という事情によります。今まで、必ず往路か復路のいずれかで渋滞に巻き込まれてきたのですよね…bearing 新東名は豊田東まで延伸しましたけど、復路の御殿場での合流はやはり無理があるよなあ、と思っています。

さて、鉄ちゃんの息子に「新幹線に乗れたのは嬉しいか?」と聞いたところ、意外にも「前も乗ったことがあるから、それほど嬉しくはない」そうでした。何だかな~。

それでも、事前に「おじいちゃん、おばあちゃんに会ったら「お世話になります」と言うんだよ」、「帰りには「お世話になりました」と言うんだよ」と言っておいたところ、それはキチンとこなせていました。さすが中学生のお兄ちゃんですねhappy01

また、こういう機会には、私の姉夫婦もやってくることとなっており、そちらには一人女の子(息子から見れば従妹)がいます。我が家の娘も含めて一緒に遊べるよう、UNOを買って行ったところ、ひとしきり一緒に遊ぶことができました。なおUNOは昔、ある療育機関で課題の合間にやったことがあり、それなりにルールを知っていることから、選択しました。

その後、女の子同士の遊びが始まると、息子を連れだして夕飯を買いに行ったりなどして何とか時間を過ごし、無事に今年の帰省を終えることができました。

息子の障害について話をしてこなかったことが良かったのか、若干疑念はあります。でも、もし障害発覚の時点で話をしていたら、情の深い親がここまで長生きできただろうか? とも思っており、少なくとも何とか変わった子という認識の範ちゅうで収まっている中で、今更障害の話をすることもないなあ、と思っています。

そもそも、中学生になると多忙であり、またお年寄りと会話が弾むこともあまりないため、普通のご家庭でも必ずしも子供を連れて行かなくなるような例も少なくないようです。今後は、例えば妹の方だけ連れて行く、というやり方もあるなあと考えています。

取りあえず、年に一度の「お勤め」を無事に終えてホッとしています。

2016年4月24日 (日)

(551) 部活動

東京の場合、部活は必須ではないのか…少なくとも私が育った頃は管理教育のメッカであった名古屋とは、随分制度が違うことに戸惑っています。

当時の名古屋の場合、必修のクラブと部活はほとんど一体となっていましたから。

息子が入ろうと思っていた部活が今年から無くなって、どうしようかと本人なりに悩んでいたようですが、入らなくても良いという選択肢があるようで、ホッとしたような大丈夫かと心配になるような複雑な感情を抱いています。

親としては、不器用でもう少し運動させた方が良いと思う一方、集団かつマジな活動には絶対についていけないと確信できるだけに、どうしたものかと思っていました。文化部も息子が興味を持てそうなものが見つからない中で、どうやら無理に部活に入らなくても良いことが明らかになった(東京では、それが普通らしい)ことは、まずは祝着だと思います。

ただ、もちろん3年間キチンと活動をしたという実績を内申に書けることは、それなりに意味があるようです。でも、途中でついていけなくなることが十分に予想されるなかでは、部活に入らない選択もやむを得ないかな、と思っています。

運動は、他の運動苦手な子を集めた民間の団体で、適宜やれるようにしていくことで対応しようと考えており、その目算も立ったことから、取りあえずその方向で進めようと思っています。

中学校生活の方向性が決まりつつあります。

2016年3月12日 (土)

(547) 片付けへの介入

息子は、片付けがうまくできません。多分ADHDの要素も持っているのでしょう。

普段、全く片付けをしないわけではありません。一応やってはいるのですが、傍から見ると適当ですし、さすがに机の平たい部分がかなり狭まってきて、これだともう何かあった時にすぐに作業できないだろう、という状態になっていたので、やむなく私が介入することにしました。

「机の上は、平らにしておく。全部は無理でも、本は本棚に戻す。その他のプリント類も一カ所に重ねる。鉛筆は鉛筆立てに立てる。消しゴムは電気スタンドのところに集める」等と細かく指示を出しつつ、一緒に片付けを実施しました。

「この方が良いでしょう」
「うん」
という会話と共に、時々私にはよくわからないものが出てくるので、

「これは何?」
「これは、○○の部品」
「…で、まだ要るのか?」
「もう、要らないかな」
というようなやり取りもしつつ一部は断捨離も実施、かなり整理できました。

最後に
「机の上は、すぐに勉強できるようにしておかないと、そのたびに最初に片付けが必要になって、疲れてやる気が下がるからね」
と説諭して終わりました。

神妙な面持ちで
「はい」
と応えていましたが、どれほど浸透しているのでしょうかね…。

普段の適当な片付け状態とは違う現状が、いつまでもつのか興味津々です。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ