2019年1月13日 (日)

(662) 受験前

嫌なものですね、受験って。

そう言いながらも今週、息子は志望校に願書を提出するというイベントがあります。先ほどまで、息子の面接試験の練習に付き合っていました。

思ったよりも上手にできるようになっていて、立て板に水というレベルではありませんが、まあこれなら何とかなりそうだ、という印象を持ちました。

後は、当日に全力を出し切ってもらうだけですね。不測の事態が発生したら、その時はその時ということで。

2019年1月 5日 (土)

(661) 今年の鳥瞰

皆様、新春のお慶びを申し上げます。本年もよろしくお願いします。

今年、最大のイベントは恐らく既に確定していて、息子の受験があります。既報の通り私立単願ですが、万一の対応も視野に入れると、2月初旬までには何らかの結果が出るので、それまでは戦々恐々とした日々を送ることになります。もちろん、その後も今までよりは遠くに電車で通学することになるので、その馴致対応も必要かと思います。

次に、長らく借家住まいをしてきましたが、そろそろ定住することを考えようと思っています。まあ、これはまだ今すぐということでもありませんし、東京オリンピック後の選手村の活用による大規模住宅供給の影響や、生産緑地の2022年問題(都市の住宅地の農地は、生産緑地の指定を受けていると、毎年の固定資産税や相続税が低い単価で算定されていたが、その期限が2022年に来るため、行政に買取りを申し出るが、売りにだすかの2択を迫られる。行政に買い取る余力があるとは思えないので、大量の土地が売却される可能性がある、という問題)もあるため、決断しきれてはいません。ただ、ボチボチと見ていこうと思っています。これも、学校が決まらないと動けないという問題がありますが。

後は、私自身も今の職場で4年が経過しました。こうなると、今年中に異動がある可能性は結構高くあるため、その時が来ることを前提に、更に身辺整理をしておきたいと思います。

なお、母の介護対応のため、1.5カ月程度に1回は帰省しなければならないと思っています。

今年は、上記のイベントを軸として、進んでいきそうです。

ゆっくりと頑張りましょう。

2018年12月25日 (火)

(659) サンタクロース

今回の三連休は、私の母の介護対応もあって、私が家にいたのは、一日目の午前までと三日目の午後以降となってしまいました。

私が帰宅すると、娘は既にクリスマスプレゼントで嬉しそうに遊んでいました。

続きを読む "(659) サンタクロース" »

2018年10月21日 (日)

(654) 定期テスト結果

定期テストの結果は、良くありませんでした。

通っている補習塾の先生曰く、「昨年までよりも、考えさせる問題が増えていますね」とのことで、確かに難化しているようではあるのですが、そうは言っても点数が点数なのでちょっと…という状態です。

高校は単願推薦で狙おうとは思っています。学校の成績自体はあまり問われないものの、それでも成績が悪いと中学側が推薦を出せるのか、という問題もあるため、妻がネジを巻くようにしています。

これから年明けしばらくまで、きっとこういう神経戦が続くんですね。

2018年10月14日 (日)

(653) 佳境の学校説明会

運動の秋、食欲の秋、芸術の秋だけではなく、受験生にとっては学校説明会の秋でもあります。

本人の学力が高く、目指す学校が既に決まっているのであれば、受験に全精力を集中すべきなのでしょうけれど、そうでない息子は、いくつかの受験候補の学校説明会に妻と訪問する状況となっています。

学力が潜水艦のようにナミの下であるため、ブッチャケ入れてもらえればめっけものなのですけれど、かといって行った後に放置されても困るわけで、少なくとも楽しく通える行先としてどうだろうかというところを、療育親のネットワークや通級先の先生と共有しながら、ピックアップして行って話を聞いてみる、ということをやっています。

もちろん、許される限り訪問先の先生への進路相談もお願いして、通学中の中学校名とこちらの住所氏名を伝えるということもやってきています。

今は、一般受験のほかに、単願することで合格率が格段に高くなるとか、併願についても様々な制度があるようで、そういう制度が具体的にどのような効果を生むのかを見定めながら、対応していくこととなりそうです。

ということで、更新が間遠になってしまうかも知れませんが、ご容赦賜りたく。

2018年9月 9日 (日)

(651) 受験生なんだけど

受験生のはずの息子が、1日外に遊びに出かけています。

成績もそれほど良い方ではありません。

ただ、それでも、評定は全科目「素数」でとどまっており、まあそれはそれでありかな、とも思います。

私の高校受験時代を考えた時に、いろいろな成績な人がいて、少なくとも高校進学を希望していた子はそれなりに進学できていたことを考えれば、まして少子化の今、選ばなければ進学できてしまうのですよね。

ただ、分からないところを分からないままにしないようにさせないとな、とは思っており、日々割り振った課題は必ずやらせるようにしています。

2018年9月 2日 (日)

(650) 2学期が始まる

昨今の中学校は、9月からスタートではないのですね。

息子は、先週後半から2学期が始まりました。

宿題は何とか妻の指導よろしくを得て終えたのですけれど、これからいよいよ受験に向けた取り組みが本格化します。

通っている塾では、模擬試験も毎月のように行われるようになるそうですが、本人がそれに耐えられるかは微妙です。それに、模試って試験に慣れることと、合格可能性を判定することが目的ですけれど、慣れの方はまあそんなに根詰めなくても良いでしょうし、息子の場合、も一点を争うような学校を受けることは、後のリスクが高くなることから、避けようと考えています。

おまけに、今は単願だと結構入れる学校もあるようですし…

そんなこんなで、志望校を絞っていくための取り組みが、年内いっぱい継続していくこととなりそうです。高校は、とにかく何らかの関門を超えないと入れませんしね。

2018年8月26日 (日)

(649) 宿題ラストスパート

来週途中から、息子の中学校は2学期が始まります。

私の古い記憶では、中学校も8月いっぱいお休みだったので、今の子は大変だなと思います。

夏休み明けを目前に、残った宿題を片付けなければなりません。自由研究が残っているようで、それを後数日で完成させるという荒業になっております。

妻もサポートしていますが、最後は自分が手書きでまとめなければならないので、そこは本人に踏み越えてもらう必要があります。

義務教育と平成最後の夏休みが終わろうとしていますが、本人にそういう意識や感傷は全く無いようで、ブツブツ言いながら、取り組むことでしょう。

それでも、幼少期に想定していたよりは、はるかに良い状態で義務教育を終えることができそうなことは、ありがたいと思っています。

2018年7月21日 (土)

(646) 夏休みの学校回り

夏休みに入りました。息子の通知表は、また素数で出来上がっていることを確認しましたw

これも、妻が丹念に情報を集めて宿題や課題を提出するように段取りしているおかげです。公立校は、成績の中で提出物の占める割合が少なくないことから、そちらで稼いでいる部分もあると思います。

さて、夏休みは各学校もオープンスクールや体験授業など、要は学校アピールの場を設けています。息子についても、通級指導教室の先生と相談しながら、いくつか候補を絞り、そちらに見に行くこととしています。

一応、親から見てここなら何とかなりそうという学校に対しては、こちらも入りたいアピールをしなければなりません。幸い、専願なら入れそうな状況でもあり、ここは親としても一肌脱がなければならないなあと思います。

レベルが高い・低いも選択の一要素として無視はできませんが、それ以上に学校生活の過半を占める授業の内容が理解できないと、生活が楽しくないだろうなあと思います。そのことを意識しながら、見ていきたいと思います。

見学先には先輩となる子もいるわけで、そういう子たちの様子も参考にしながら、半年後に迫ってきた受験を乗り越えていきたいものです。

2018年6月23日 (土)

(643) 受験対応状況

息子は、今年中3。受験生です。

発達障害があるものの知的障害がない以上、特別支援系の学校に進むことは、現実的では無いと思っています。

ただ、これまで受けてきた「配慮」は、普通の高校に入ると、あまり期待できないことも理解しています。ですので、学校選択については健常児とは違った観点で検討しつつ、かつかなり真剣に得失を考えなければならないと考えています。

療育施設に通っていると、そこに通っていた先輩方の進学先を知ることができます。それを参考に、志望校の候補を選択することもできます。仕入れた情報を基に、それらの学校の説明会に行って情報を得ることも大切になってきます。

かつて一度説明を聞いただけのサポート校からも、定期的に学校説明会・見学会へのお誘いが来ています。不登校になっているわけでもなく、最初からサポート校を志望しなければならない程でもないと思っていながらも、全滅時のことを考えると、完全に視界から外すこともできません。

現状では、候補となる学校を3校程度見つけており、あとは本人の努力と伸びしろ次第で決めていくことになろうかと思います。

ただ、本人がどの程度高校に入ることの意味を理解しているのか、謎なんですよね…

より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ