« (704) 息子のプライド | トップページ | (706) 続・息子の塾選び »

2020年9月 6日 (日)

(705) 息子の塾選び

台風10号の影響も心配な昨今ですが、皆様も安全第一でお過ごし下さいますようお願いします。

息子も先々週から登校が始まりました。相変わらず、密集を避けるために午前だけだったり午後だけだったりしますが、日常に復帰しつつあります。

そして、夏休み中に妻とも相談し、AO受験も視野に、息子を塾に通わせようと考え、妻がいくつかリストアップしました。

息子の場合、発達障害の子にありがちな「一斉指示には付いていけない」特性が相変わらずあるため、通わせるのも普通の塾ではなく、個別指導をウリにしているところをいくつか当たっています。

体験授業を受けられるところもあり、既に一度受けさせています。

既に高校生活も折り返し点であり、泥縄と言われたら全く言い返せませんけれど、ここは中国の「亡羊補牢」的な捉え方をしたいと思います。

この言葉は、「羊をうしなって柵の補修をする」という意味です。ちょっと聞くと泥縄と同じように受け取られますが、中国人は未来志向なので「それでも、これからの損害は防げる」と前向きに考えるそうです。

今からの塾での学習で、どの程度効果が上げられるのかは見通せませんしあまり期待をしてはいませんが、それにより少しでも成績が上がりAO受験資格を得られる学校が増えてくれば良いな、と考えています。

« (704) 息子のプライド | トップページ | (706) 続・息子の塾選び »

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (704) 息子のプライド | トップページ | (706) 続・息子の塾選び »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ