« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月28日 (日)

(700) 娘の憂鬱

このブログではメインではない娘のことでキリ番を書くのもどうかとも思いましたが…

娘の学校も、リアル登校が始まりました。

それに関連し、娘がこぼすように言うのには、

・新しいクラスなんだけど、自分の周りにいる子は皆1年生の時に同じクラスだった子で、既に関係が築かれている。

・そこに、自分が入りにくい。

・学校からは、感染防止のため休み時間もあまり話をしないように指導されているが、彼女たちは従っていない。

・学校の行き帰りも、本当はバラバラでなければならないが、一緒に登下校している人が多い。

ということで、当方からは

・遠くの席の子とお話できないのか?

と聞いてみたのですが、

・それは、学校からあまり話をしないように言われており、良くないと考えている。

だそうです。その為、より本質的な問いをしました。

・あなたは、友達が欲しいのか?

これに対し、娘は

・無理に要らない。でも、体育の時に2人一組になることがあり、相手が見つからなくて困ったことがある。

という答えでした。

親から見た娘は、家族の中でコミュニケーションに特に問題を感じることはないものの、友達関係作りは上手くないようです。

私から言えたことは、

・友達といってもいろいろなレベルがあって、一生付き合いたい友達ってそう簡単には見つからないもの。

・今のクラスメートだって、来年別のクラスになれば話をすることもまずなくなる。そういうことは気にしない。

・私自身、50年以上生きてきて、付き合い続けたいと強く思う友達は10人程度。友達がいないことを特に悪く受止める必要は無い。

・ただ、自分の興味関心や感情に共感してくれる人はいてくれた方が嬉しいと思う。そういう人を中・高・大で1人ずつでも得られたら、それだけでも十分だと思う。

ということでした。今ひとつ腑に入っていない印象ではありましたが、今の私も言えることはここまでです。

娘も、障害域ではないけれど、人付き合いには苦労していることを感じて、ちょっと胸が痛くなりました。

何か良いアドバイスがありましたら、教えて下さい。

2020年6月19日 (金)

(699) 学校の状況

息子の学校は、午前中と午後からの2班に分かれての登校指示が出ています。息子は、午後のことが多いです。

ちなみに娘の学校は、月に一度程度登校日はありますが、原則ネットでの遠隔授業のままです。

この当たりに学校の思想が出てきているように感じています。

娘の学校の方は、もちろん遠隔授業の最初の方は先生方も不手際が目立ったり、生徒側もうまく接続できなかったりと大変でした。そもそも、それまでパソコンに触れることが少なかったと思われる中学生が、自力で全部対応できるかを考えるとそれはちょっと無理だと思います。我が家でも、妻や日によって在宅勤務だった私が娘の黒子としてネット接続をしたこともあります。これ、共働きで2人とも出社する御家庭だと対応がかなり辛かったと思います。

それでも、ようやく慣れと経験知が積み重なってきたことに加え、遠隔でもできるという手応えを掴んできた結果として、娘の学校は今のままでも良いのでは? と考え始めているように受止めています。

この点、2班に分けるとはいえリアル登校をさせる息子の学校の方が、オーソドックスではあると思います。率直にネット授業のデメリットは全員の顔を見られず反応がわからない、ということにあると思っていて、あまり勉強が得意でない子たちについては、反応を踏まえつつ理解を深めるための一押しが必要、逆にわからないまま勧めることは得策ではない、という判断もあるのだろうと思います。これは、決して大きな声では言えないことでしょうけれどw

それぞれ、特段問題なく日々を過ごしており、平穏に日々を送っています。

新型コロナウイルスによる更なる影響拡大が生じないよう祈っています。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ