« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月19日 (日)

(695) 外出抑制と子供への対応について

大人でも飽きてくる外出抑制、子供さんの対応に困っているお宅も多いと思います。

幸い(なのか若干心配でもあるのですが)我が家の子供たちは、事情を理解して、或いは元々人と関わる意欲がそれほど強くないこともあって、特段ストレスを感じてはいないようです。

先ほど、twitterのタイムラインに、子供を連れて買い物に行くリスクを慮って置いていこうとするお母さんと、まだ幼くてお母さんについて行きたい子のやり取りを記したものが流れてきました。幼い子供ならお母さんについて行きたいのだろうなあと思った時に、ふと昔のことを思い出しました。

それはもう、11年近く前のことです。息子が幼稚園の年長、娘はまだ入園前でした。娘が熱を出して、やむなく休日夜間外来のある病院に私が娘を自転車の後ろに乗せて連れて行こうとした時、息子がそれをうらやましく思ったのか、言葉には出しません(出せません)でしたけど、「自分も連れて行け」という態度を露骨に見せたことがありました。

しかし、休日夜間外来は、急な発熱等で病気になった人ばかりが集うところです。不要な息子が行って良からぬ病気をもらっては困るので、妻が息子を押しとどめている間に、私は娘を乗せて自転車で出発しました。でも、息子はその後しばらく私たちの後を追って走っていたと後で妻から聞きました。結局追いつくことはなく、逆に息子を追いかけてきた妻に捕まって自宅に帰ることとなったわけですが。

その時のことを思い出すと、今妻が出掛けようとしても、息子も娘も「行ってらっしゃい!」と言うだけで、どちらもついて行こうとはしません。誘っても拒否します。

今、そういう子供の熱意にお困りの方に、このことをお伝えしたいと思います。

2020年4月 7日 (火)

(694) 新型コロナウイルスによるパラダイムシフト

世の中が、新型コロナウイルス対策でかまびすしくなって2ヶ月くらいが経ったと思います。

あの頃は、まだ遠い国のお話だったところ、2月頭にたまたまクルーズ船が横浜に近づいて、船内でウイルス感染者が出て…というあたりから、急に現実のものとして迫ってきました。

そして、今日には緊急事態宣言が発出される見通しとなっています。

息子は、昨日始業式に出席してきました。幸い2年生に進級できましたがw、授業開始は五月の連休明けだそうです。

そもそも、先月は期末テスト後からお休みとなり、ずっと授業から遠ざかっています。

当然暇を持て余しているわけですが、その間、前から予約していた切符を用いた外出を企図していたことが発覚し、夫婦で説得して諦めてもらう、等のこともありました。話せば分かる状態になったことは、本当に成長したと思います。

緊急事態宣言後は、ますます外に出にくくなります。どうやってしのぐのだろうか? という疑問も湧きます。

でも、おそらく「コロナ以前」の世界には戻れません。突然のパラダイムシフトが起こっていることになりますが、世の中の変化が誰にも読めない状況でも、追従していくしかありませんね。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ