« (692) 新型コロナによる休校要請 | トップページ | (694) 新型コロナウイルスによるパラダイムシフト »

2020年3月18日 (水)

(693) 相模原障害者殺傷事件判決について

死刑判決が出ました。当然だと思います。

twitter上ではこの事件について、福祉施設勤務者の劣悪な労働条件が背景にある、障害者に生産性がないのは否めない、或いは植松被告の心情は理解できる、等のご意見を見ましたけど、これ、植松被告が言いましたか?

植松被告は、労働条件に不満があるとは述べておらず、生産性ではなく意思疎通ができないことを基準にしていたことを考えると、植松被告の心情は理解できるというのも、眉唾です。結局、判決のインパクトに乗っかろうとしているだけ、或いは被告の心情などどうでもよく、ただ自分の不満をぶちまけたいだけだったのではないかと思うのです。

twitterでも言いましたが、心の闇なんてそうそう解明できるものではありません。せいぜい解明したつもりになるのが関の山です。そして、もっと重い話として、彼の心の闇が解明されたら、あなたは一緒に生活しようと思いますか?

刑罰にはいろいろな側面がありますが、一緒に生活しない究極の方法として死刑があると私は思っています。そういうことを考えると、理解できないことはこの世にあることを、私たちが心の片隅に置いて生きていくしかないのではないでしょうか?

考えても恐らく出ることがない答えを求めるのは、やめるべきだと思います。

 

« (692) 新型コロナによる休校要請 | トップページ | (694) 新型コロナウイルスによるパラダイムシフト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (692) 新型コロナによる休校要請 | トップページ | (694) 新型コロナウイルスによるパラダイムシフト »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ