« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月22日 (日)

(687) 元農水事務次官による長男殺害に対する社会の反応

標題の事件については、このブログをご覧になる方も関心が高かったのではないでしょうか。

  • 被告は、元農林水産省の事務次官まで昇進した官僚。
  • 2019年6月1日15時15分頃、被告は発達障害の診断を受けた長男を刺殺(死因は失血死)。
  • 2019年12月16日、東京地裁で懲役6年の判決(求刑は8年)。
  • 2019年12月20日、東京高裁が保釈を決定。

以上が経緯であり、裁判の過程で明らかになったこととして、

  • 長男は中学時代からいじめを受けていた。
  • 長男は母親に対して暴力を振るうようになった。
  • 長男はアスペルガー症候群など(発達障害)の診断を受けていた。
  • 長男はごみ捨てができない。ごみ捨ては父親である被告が手伝っていた。
  • 長男は就職しても続かなかった。ゲームをして過ごしていた。
  • 長男は一人暮らししていたが、事件直前に実家に戻った。
  • 実家に戻った長男から被告は激しい暴行を受け、殺すと言われた。
  • 事件当日、近所の小学校の運動会の音に長男が激高、川崎の児童殺傷事件の直後で、被告は止める必要があると認識した。
  • 被告の妻は鬱病、長女は事件前に自殺していた。

ということがあるようです。

この件について報じるYahoo!ニュースのコメント欄を見ると、被害者である長男の冥福を祈るものが見つけられず、被告には寛容なものが目立ちます。発達障害と診断された子を育てる親としては、世間の発達障害者に向けられている厳しい視線、本音を突きつけられたようで、忸怩たる思いを抱かざるを得ません。

ただ、それでも言わなければならないことがあります。

そもそも人の命を私人が奪うことは、法が許しておりません。

それに、生前の長男の言動にかなり好ましからざるものであることは私も認容しますが、それでもなお、それが命を奪うに値するほどであったのかを考えると、それは無いと考えています。急迫性もなかったため、正当防衛も対象とされておりません。

虐待されて殺された子には大いに同情する世間が、本件では親の殺害行為を是とし、親として責任を取った、執行猶予を付けるべきだという論調で埋め尽くされるのは、何か違うと思うのです。いずれ何かをやらかすだろうという予断の基に、やられる前にやっちまえ、というのは、どう考えても合理的ではありません。

そして、漏れ伝わってくる情報では、母が暴力を受けるようになったのも長男の大切なものを壊したことがあったようであり、実家に戻った長男が、自身の人生について振り返って号泣したのに対して、被告がごみの処分について話題にするなど、ちぐはぐなコミュニケーションがなされていたように受け止めています。

ここで、私たちの育児と比較するとざっくり30年くらいの開きがあることは無視できないでしょう。この間に発達障害についての研究、療育体制の構築は大きく進みました。長男が診断を受けたのは大人になってからのようですから、逆に長男の未成年期には診断もなく、適切な関わりを受けることもなかった。今なら、療育というツールを用いて身につけられることが、そうできなかった。

このことは、残念ながらやむを得ないことであったと思います。従って、私のような者でも知っていることを被告が知らないこと、ゆえにそういう対応をしなかったことについて、今の視点から非難するのはフェアではないという自覚を持っています。

ただ、被告自身、このままではまずいという意識はあったでしょうし、自宅に戻った長男が自らに暴行を加えてくるに至った時に、誰かに助けを求めることもしなかった。しかも、霞が関人脈、東大OBのつながり等いくらでも頼れるものがあったと思うのに、その一歩を踏み出さなかったこと。それは、やはり踏み越えて欲しかった、と思います。

家庭内のことは家庭内で処理、というのは基本ではあると思いつつ、それでも限度というのはありますし、自分でどうにもならないことは、外に頼る。頼ることは恥ではないし、他者は軽々に非難すべきではない。そういうことを世の中の当たり前にしていくことが必要なのだ、ということを痛感した判決でした。

今年は、これが最後の記事となります。

末筆になりましたが、よいお年をお迎え下さい。

2019年12月12日 (木)

(686) 「自称」発達障害

最近の発達障害界隈を見ていて、気になること。

それは、自身が発達障害の当事者であるという主張の根拠は何か?

ということです。

「へ? お医者さんの診断を受けたからではないの?」

と思われるのはごもっとも。でも、特にネットで自分が発達障害当事者であると主張される方の自己紹介等を注意深く見ると、この人は本当に発達障害の診断を受けているのだろうか? と疑問を感じる記載であることが少なからずあります。

実は、自閉スペクトラム症と診断できる医師は、そう多くありません。小児神経専門医、児童精神科医、精神科医等のうちの一部、ということになります。従って、診断できる医師がいる病院はどこも診断希望者が殺到し、診断を受けるまでに半年以上かかるということも珍しくはありません。

それでも、キチンと診断を受けることで、その先の療育や教育システム、更には福祉につながることができます。

ただ、どうもあまり重くない方はそのまま成長し、生きづらさを感じたり他者との違和感を感じたりする中で、さまざまな本を読み、自分が発達障害なのではないかと思い至るケースがあるようです。

こういう方は、結局医師の診断を受けないまま、本人の感覚で自分が発達障害であると思い込んでしまうようです。

実際、特に成人以降になると、今の診断に必要とされている生育歴の調査がうまくできません。ここを担うのは親ですが、親の記憶もあまりに前のことだと薄れてはっきりしませんし、本人との関係性であまり仲良くない場合は、協力を得られないことも起こり得ます。

ただ、だからと言って自己診断を認めて良いのでしょうか? 私は、それは明確に不可だというスタンスに経ちます。

理由は簡単で、本人の感覚では、DSM-5等の診断基準と厳密に突き合わせることもできないでしょうし、本当に障害とするレベルなのかの見極めもつけられないからです。

ところが、世の中では「自称」発達障害の方の声が意外に大きくなってきていて、影響力を持つ人も出てきています。しかもそのイメージは、小さい頃に診断を受けて療育や特別支援教育を受けて育った、自らは声を発することの少ない診断済の発達障害の方々のイメージとは明らかに異なっていると感じることが多いです。これは、どう考えても発達障害を正しく理解することの妨げになりかねず、そのことを大いに危惧するものです。

「自称」者に対してむやみに沈黙を強いることはできませんが、彼らも自分たちが未診断であることについては自覚して発現する、或いは未診断であることを何らかの形で明示することは必要なのではないか、と思います。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ