« (684) 療育の成果 | トップページ | (686) 「自称」発達障害 »

2019年11月30日 (土)

(685) 発達障害の「障害」

昨今、発達障害が治るといった言説がチラホラとネット上で流れています。このことを考える前に、労働災害による傷病に関わる障害について、厚生労働省は以下のような見解を示しています。

業務上の事由又は通勤による負傷や疾病が治ったとき、身体に一定の後遺症が残った状態をいいます。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei36.html

これ、極めて示唆的だと思います。

治った後になお残るもの(後遺症)があれば、その状態が障害であるということであり、それは即ち障害は治るものではない、治らないというのが国の見解である、ということになります。

先天性の発達障害は、このような後天性の身体・精神障害とは異なるという反論があるかも知れません。では、逆に先天性の発達障害は、全部が治り得るものなのでしょうか?

もし、そういう認識に立つならば、障害として残る部分がない、いずれ消えてなくなることになります。そうすると、国が定めた発達障害者支援法は、治すための法律なのか? ということになってしまいますが、そうではありません。同法の第一条に「発達障害者の自立及び社会参加のためのその生活全般にわたる支援を図り、もって全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に資することを目的とする」と記載されていて、法目的と発達障害者は健常者と共に生きる存在と見なされていることは明らかです。

また、同条の前半は「発達障害を早期に発見し、発達支援を行うことに関する国及び地方公共団体の責務を明らかに」し、各種支援を定めています。この手の支援を定めつつ、それでも発達障害で治らない部分の存在を認めていなければ、このような条文の記載にはならないでしょう。

個人の思想信条は自由ですが、国の見解は把握しておく必要がある。私はそう思います。

« (684) 療育の成果 | トップページ | (686) 「自称」発達障害 »

発達障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (684) 療育の成果 | トップページ | (686) 「自称」発達障害 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ