« (682) 頭の良さ | トップページ | (684) 療育の成果 »

2019年10月20日 (日)

(683) 第二の受容

児童相談所で子どもの障害告知を受けた時の衝撃は、今でも鮮明に覚えています。劣化することはありません。

その衝撃の大きさに打ちひしがれて、それでも我が子の障害を受容し、気を取り直して親子で療育に通い、今ではパッと見で単なる勉強のできない子になりましたw もちろん、見る人が見れば自閉症のこだわり因子を見つけられると思いますけど。

親としてはそれなりに努力した結果として現在に至っていますが、それでも何か一つくらい取り得があるだろう、そのうち何か芽を出すだろう、という気持ちが全くなかったかと言えば、そうではありません。うっすらと、「発達の偏りなのだから、強みを発揮する偏った部分というのもそのうち見えてくるのではないか」と思っていました。

しかしながら、世の中の健常者を基準とした仕組みの中での時間の流れは速く、その強みを見つけられないままに、もう高校卒業後のことを考えなければならなくなっています。こうなると、我が子の強みを見つけられないまま、時間切れを迎えることを甘受しなければなりません。

これも親が受容しなければならないことだと考えると、まさに第二の受容ではないかと思うのです。第一の受容は障害の受容、第二の受容は我が子に対する社会からの評価の受容、と言えるかも知れません。確かに第一の受容時に、我が子に障害があることを受容はしました。でも、それは家族内に収まるもので、親と子の関係という狭いものでありました。しかし第二の受容は、それをベースに社会から我が子がどう見られるのかについても、推測も含めて受け入れることとなります。

我が家の場合、息子を高卒後すぐに社会に出すのはまだ無理だと判断しています。さりとて大学や専門学校の選択肢についても、今の学力やこれまでの勉強面での傾向から判断すれば、それほど広くなるとは思えません。更に、その先については、高校からの進学先の過去実績からある程度推測できることを考えると、前途洋々とはなかなか言えないなあと感じます。それでも親は、この事実を受容しなければなりません。

これはこれで、踏み越えて行かなければならないことなのでしょう。現在進行形なので、まだ揺れはありますが…。

実は、意外と親のこういう気持ちについて取り上げたものって少ないと思っておりますので、敢えてさらけ出してみた次第です。

« (682) 頭の良さ | トップページ | (684) 療育の成果 »

高機能広汎性発達障害児育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (682) 頭の良さ | トップページ | (684) 療育の成果 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ