« (681) 妹の体育大会 | トップページ | (683) 第二の受容 »

2019年10月17日 (木)

(682) 頭の良さ

今回は、発達障害に関わるお話ではありません。

皆さんは、一般に「頭が良い」という表現を聞いて、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?

恐らく、「勉強ができる」とか「求められていることを的確に把握して反応できる」という答えが返ってくるものと思います。私も、これに対しては同意です。

ただ、最近ちょっと違うんじゃないかなと思う部分があります。

確かに人間の理解力・表現力は人によって差があります。でも、その差を生み出す原因って何だろうと考えると、実は好奇心と集中力なのではないかと思うのです。言い換えると、好奇心を持って集中力を持続できることで、ものごとを解決できる、それを頭が良いと表現しているのだ、ということです。

何にでも興味関心を持って、自分の頭で理解するまで粘り強く試行錯誤するというのも能力であって、誰にでもできることではありません。それでも、よくわからない課題を出された時に、すぐに諦めてしまわずにわかるまで取り組む人は一定程度いて、そういう人は勉強にも同じように取り組むでしょうから、当然勉強ができるようになります。

また、何にでも興味を持って取り組む好奇心があれば、さまざまなものについても一通り手を出してみるでしょうし、その結果として得られた経験値は、何かを求められた時に比較対照することができますから、結果的に求められている正解に早く近づけるようになります。

実は、今のシーズンでは多くの中学や高校で学園祭が行われています。「頭が良い」と言われる学校の学園祭での展示は、そうでない学校のものと比較すると、完成度も高く、かつ大人が見ても面白いものが多いです。それは、頭が良いという評価とは別に、単に彼らが興味関心を持って納得いくまで集中して取り組んだ成果を展示しているからではないか、と思うのです。

ひらめきを大切にする人を否定するつもりはありませんが、やはり多くの場合は目の前のことに興味を持って集中的に取り組んだことにより、次のステップが見えてくることが多い、と私は思います。

頭の良さを単に持って生まれたものとして「あの人は頭が良いから」で終わらせるとそこで思考が止まってしまいますが、このような見方をすることで、例えば我が子に足りないのは好奇心なのか集中力なのかという分解ができます。そうすることで、どちらでつまづいているのかを把握でき、補う取り組みができるようになると考えています。

« (681) 妹の体育大会 | トップページ | (683) 第二の受容 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (681) 妹の体育大会 | トップページ | (683) 第二の受容 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ