« (679) 高機能児の将来を考える | トップページ | (681) 妹の体育大会 »

2019年9月28日 (土)

(680) 文化祭

息子の高校の文化祭に行ってきました。

私が高校の息子の居場所にたどり着いた時、息子はちょうど展示品の並びを微調整していました。

この種の作業は、空間認知にこだわりのある息子にも向いていると思いました。

近付いて話しかけても、特に表情も変えず家にいるのと大差ないリアクションの小ささに少しがっかりですが、それでも、息子も見に来てくれたことは喜んでいたと思います(そう信じたいです)。

よくよく話をすると、展示品については息子が担当というわけではなく、クラブのメンバーで時間ごとに分担を決めていて、その時息子分はオフだったそうですが、気が付いたからやっているとのことで、好きなこととは言え役割を超えて自発的に動くことができているのだな、という点に成長を感じました。

発達障害の特性で、自分が原因じゃないと言ってやらないことがありがち(端的にはドアを開けたのは自分じゃないから、閉めない等)なのですが、そういう点が薄まってきているのかも知れません。

あまり親が居座ると息子も見張られているようで居心地が悪いと思い、私は廊下に出ました。そこから遠巻きに様子を見ていると、クラブの人の話しかけにも素直に応じて何やら答えていたので、チャンと溶け込んでいることを知り、嬉しく思いました。

中学の時に比べると、積極的に学校活動に参加しているように感じます。親としては一安心でした。

文化祭は学校での様子が良く出ます。これから受験される方でその学校のナマの姿を知りたい場合は、是非足を運ばれることをお勧めします。

« (679) 高機能児の将来を考える | トップページ | (681) 妹の体育大会 »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (679) 高機能児の将来を考える | トップページ | (681) 妹の体育大会 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ