« (651) 受験生なんだけど | トップページ | (653) 佳境の学校説明会 »

2018年9月24日 (月)

(652) 陰に回った発達キャラ

テレビの第二クール、グッド・ドクターと透明なゆりかごを毎週楽しみに観ていました。

グッド・ドクターは、「驚異的な暗記力を持つ一方、コミュニケーション能力に障害がある」サヴァン症候群の医師の成長物語であり、透明なゆりかごは、「ADHDの高校生が、看護師見習いとして実習先に産婦人科を選択し、そこでのできごとを隠すことなく世に問うた物語」だったと思います。それぞれ見ごたえはありました。

ただグッド・ドクターは、突発事象が発生しても、主人公は決してパニックに陥ることはありませんでした。的確な知識を瞬時に表出するというところが、発達障害のある子を育てている身として、どうしても腑に落ちませんでした。

また、透明なゆりかごは、小児精神神経科医・宮尾益知さんのアドバイスを受けて制作されています。これは、原作者の沖田×華さんが発達障害であり、そのエピソードをドラマに取り込む過程で必要となったものだと理解しています。

一応、主人公の青田アオイが発達障害であることは、ドラマ中でも診断がなされているのですけれど、それ以上にドラマの主テーマである産婦人科での生命が余りにも重みがあって、青田アオイの発達障害も単なるエピソードとして流された感が否めません。

結局、両ドラマとも発達障害はメインではなく、エピソードとして流されて終わってしまいました。それが発達障害の子を持つ親としては、大いに不満に感じるところです。

発達障害そのものを取り上げることって、かなり難しいことも理解しています。だからこそ、もう少し発達障害者ならではの視点を取り込むことができなかったのかが残念に思うところです。

« (651) 受験生なんだけど | トップページ | (653) 佳境の学校説明会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/67203907

この記事へのトラックバック一覧です: (652) 陰に回った発達キャラ:

« (651) 受験生なんだけど | トップページ | (653) 佳境の学校説明会 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ