« (626) 代理ミュンヒハウゼン症候群に注意 | トップページ | (628) ポトフ »

2018年1月28日 (日)

(627) 英単語

この前、息子のクラスで英単語のテストが行われました。

その結果を見ると、意外にできていたんです。

英語の点数自体は、低めであるのにも関わらず、単語だけは覚えられている。

妻に聞くと、「単語帳を見て覚えているみたいよ。でも、パラパラと2~3回くらいで終わっちゃって、あれでよく覚えられるわね」とのことなので、これっていわゆる視覚優位で単語を映像として記憶しているのではないか、という仮説を持つようになりました。

できないよりはもちろん良いのですけれど、こういう覚え方ってどうなんですかね?

日々ドッキリさせられています。

« (626) 代理ミュンヒハウゼン症候群に注意 | トップページ | (628) ポトフ »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (627) 英単語:

« (626) 代理ミュンヒハウゼン症候群に注意 | トップページ | (628) ポトフ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ