« (625) 冬休みの終わり | トップページ | (627) 英単語 »

2018年1月17日 (水)

(626) 代理ミュンヒハウゼン症候群に注意

代理ミュンヒハウゼン症候群ってご存知でしょうか?

代理と付くからには、ミュンヒハウゼン症候群から話を始めなければならないと思います。

Wikipediaで調べると「症例として周囲の関心や同情を引くために病気を装ったり、自らの体を傷付けたりするといった行動が見られる。1951年にイギリスの医師、リチャード・アッシャーによって発見され、「ほら吹き男爵」の異名を持ったドイツ貴族ミュンヒハウゼン男爵にちなんで命名された」とありますが、私の理解では、病気のふりをするとみんなが注目し優しくしてくれるのに味を占めた人の振る舞いを思い浮かべて頂ければと思います。

そして、代理がつくと、「傷害の対象が自分自身ではなく何か代理のものであるような精神疾患である。 多くの場合、傷害対象は自らの子や要介護者であるため、児童虐待、高齢者虐待、障害者虐待と同列に挙げられる」ということになりますので、これも私の理解では、自分の子(等)を、敢えて社会的弱者にしてその看護者となることで、世の同情と注目を集めるのに味を占めた人の振る舞い、ということになります。

人の注目を集めることは、ものすごく強い強化子として作用するようです。だからこそ、売れなくなった女優が肌を晒したり、R18のビデオに出たりしてでも、注目を集め続けようとするのだと理解しています。

ちょっと話が大きくなり過ぎました。ただ、私たち発達障害の子を育てる親は、親同士の集まりなどで、わが子のエキセントリックさを必要以上に強調して話をしていないか、その苦労に共感を得ようとして大げさに言い過ぎていないかについて、自省をする必要はあると思っています。もしかしたら、周囲の注目を集める快感を求めているのかも知れない。こういう反省は、やはり必要なのだと思います。

もちろん、逆に本人の名誉を慮って控えめに言い過ぎている人もいるでしょう。それはそれで、事実から離れてしまう点で問題だとは思いますが。

大げさに言うことで問題なのは、療育の成果で奇矯な振舞いが減ってきたことを自ら否定的に捉えてしまうということです。せっかくやってきた自分の取り組みを、認められないというのは、とてもモッタイナイことです。

わが子の成長を客観的に、過大にでも過少にでもなく受け止めて評価する。この姿勢を維持することで、次の更なる成長を促す環境が整うと思っておりますので、他者の評価を得ようと言う気持ちが強くなっていないかについて、厳しめに自らを律することは、とても大切だと思います。

« (625) 冬休みの終わり | トップページ | (627) 英単語 »

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/66289358

この記事へのトラックバック一覧です: (626) 代理ミュンヒハウゼン症候群に注意:

« (625) 冬休みの終わり | トップページ | (627) 英単語 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ