« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月17日 (月)

(607) 夏休みも近い

テストが終わり、3連休のうち一昨日・昨日は家でのんびりしつつも、今日は早起きして電車に乗りに出かけました。

当家のシステムとして、勉強時間に応じてもらえるお小遣いを原資とし、それを貯めて電車に乗りに行くという行動スタイルは、彼にとっては勉強をすると電車に乗るためのお金がもらえる、親にとってはそれでインセンティブを持ってもらえるならお安い御用、ということでWin-Winの関係になっています。

「勉強は自分のためのもの。金をもらってやるなんてもってのほか」というご意見もあるとは思います。でも、働き方改革を持ち出すまでもなく、基本労働にはキチンとした対価が必要だと思いますので、これはアリだというのが当家の見解です。

テスト期間は、ある意味彼にとっても稼ぎ時であるとの評価もできます。それに加えて、勉強することによって少しではあるが前回よりも点数が良くなっているという事実自体も、彼にとって勉強をするための強化子になっているように感じます。

ちなみに、テストの結果においては、科目によっては明らかに取りこぼしている問題もあるようで、そういうものを減らすことで後もうちょっと点数を稼ぐことができるようになる、と思っています。

3連休も終わりですね。夏休み直前に3連休って何の意味があるんだ? というご意見をネット上で見かけますが、大人にとってはそれも大事な休養期間であり、テスト明けの子にとってもそれなりに意味があるひと時となっているように感じます。

発達障害の子は、自由な行動が苦手であって余暇も持て余すことが多いということですが、その点クリアしつつあることを寿ぎたいと思います。

暑い日が続きますが、皆さまご自愛下さい。

2017年7月 9日 (日)

(606) 試験結果が返ってきて

息子の試験結果が返ってきました。

基本的に平均点には届いていませんがcoldsweats01、これまでよりも点数が取れています。努力の跡も見られますし、以前よりも集中力が増している印象です。

一点、今回数学の成績が悪くなっていてどうしたのだろうと思ったら、出題形式が変わっていたことがわかりました。これまでは、設問と回答欄が一枚の紙になっていたのですが、今回は、設問の紙と回答の紙が別になっていました。

些細なことではありますが、これって発達障害の子にとってはかなり負荷が上がることはお分かりになるでしょうか。設問用紙と回答用紙が別になるということは、当然目線を左右に動かして作業をすることにつながりますから、この点で息子の集中力はかなり削がれただろうことは容易に想像できます。更にこのことは、回答欄を間違えやすくなることにもつながります。

大学入試等では、むしろ設問用紙と回答用紙がバラバラの方が普通なので、このことに文句を言ってはいけないのかも知れないとは認識しつつ、こういう出題の形によっても能力の発揮にあたって影響を受けやすいということは、もっと社会に知ってもらいたいと思うものです。

とりあえず、妻と息子で試験結果のレビューをやるようにしており、できなかった部分をできるだけ埋められることを期待しています。

何分にもこの後高校入試が控えていますから、テストはやって終わりではありませんし、できないままにしておくわけにもいきませんので。

親としては、息子が中学に入り、成績も芳しくなくこのまま地に沈むように更に下降するかと思っていましたが、少しずつでも勉強の仕方が身についてきたことを多としたいと思います。

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ