« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

(598) 特別支援学校の在籍者急増に伴う教室不足に思うこと

今朝のネットニュースに、標記の記事が掲載されていました。

http://digital.asahi.com/articles/ASK4X0QSNK4WUTIL07N.html?rm=569

親の側の理解が進んだことが一因となっていることは、間違いありません。それは評価されるべきことだと思います。

一方で、不足するくらいですから志望者はもちろん増えているのでしょうけれど、それが急だったのかと言えば、そうでもないようです。少しずつ、じわじわと、それでも確実に特別支援教育へのニーズが深まった結果としてこのような事態に陥っているのですから、じゃあ文科省は今まで何をやってきたのか? と聞きたくなってしまいます。

インクルーシブ教育推進と、特別支援学校の教室不足は、感覚的に方向性に矛盾が生じているのは否めません。「障害がある子とない子がともに学ぶ」ことを推進するならば、特別支援学校の存在自体が真逆の方向を示すものだからです。教室不足を奇貨として特別支援学校そのものを縮小化していく、というのも考えとしてはあり得ると思います。

ただ、本来教育は私事性があります。子の教育についての方向性は、第一義的にはそれぞれの家庭の考え方を尊重すべきであり、現状のように、特別支援学校を志望する親が増えているのであれば、その意思を踏まえて行政としてできることをやっていく、という考え方もあると思います。

むしろ、家庭の側でその選択ができる環境を維持することが大切で、国としてどちらか一方をエイヤーで決めて選んでしまうという考え方こそ、厳に慎むべきだと思います。

なお、インクルーシブ教育については、もう少し拡張して捉えた方が良いのではないかと思うことがあります。東京に住むようになって感じることですが、優秀な子の多くが小中時代から私立に通っていて、彼らは障害児と過ごすこともなく社会に出て、かなりの確率でその優秀な能力を基に主要な地位を占めることになっている、という現実。こういう流れを無視してインクルーシブ教育を主張しても、どの程度意味があるのでしょうか。

2017年4月22日 (土)

(597) 学校公開に行って

今日は、学校公開が行われたところも多いと思います(なぜか、遥かに離れた他県に住む、私の姪の学校も行われていたそうなので、そう判断しました。根拠がたった2地域か?というツッコミはご容赦願いたくw)。

ちなみに、中学校は学校公開といっても、小学校に比べて見に来られる保護者の数はかなり少ないです。小学校時代のウジャウジャ感がなく、落ち着いた感じにはなります。

学校公開そのものとは離れますが、息子はやっと「土曜日に何で学校に行かなければならないんだ!」と言わなくなってきました。小学校以来、ここにくるまで7年超の歳月を要したことになります。いつかそういう日がくるという例として、ここに記録しておきます。

さて、たまたま見に行ったら、英語の授業でした。この先生は、一人ひとり次々とあてて答えさせていきます。息子もあてられたのですが、かなり緊張して貧乏ゆすりとでもいうのか挙動不審になっており、やっと出た声も小さく、先生からは「また来週頑張ってね」と言われてしまいました。

まあ、そんな状態でもありましたが、「前にあてた時は、チャンとできていましたよ」と休み時間にお話を伺いました。

そして、一つ良かったと思ったことは、周囲が「まあ、この子はしょうがない」という雰囲気で受け止めてくれていたことでした。責めるでもなく、バカにするのでもなく、2ちゃんねる的な表現をすれば、「生温かく見守る」感じであり、思春期の行き過ぎがないのは、ありがたいと感じています。

まあ、もっと温かく励ます雰囲気、というのは理想でしょうけれど、そういうないものねだりをしても仕方がありませんし、何となくこのクラスならイジメに発展するようなことにはならないのではないだろうか? という印象を持ちました。

少しずつ、少しずつ、でも確実に成長してきた中で、この環境はありがたいと感じて帰ってきました。

2017年4月 9日 (日)

(596) 新学期が始まって

4月になりました。先週から、新学期が始まりました。

転居等により、息子の学校の同学年の在籍生徒数が若干減ったこともあって、学年のクラスが一つ少なくなりました。それに伴いクラス替えも行われました。

クラスメイトには、特に仲が良いわけでも(悪いわけでも)ないものの、小学校一年生からずっと同じクラスの子がいたり(もし来年度も一緒だと、義務教育期間をずっと一緒に過ごすという、都会では珍しい関係の子になります)、昔から割と息子に良くしてくれる子がいたりすることもあって、本人のクラスについての感想は「まあまあ」だそうです。

あと、一時の気の迷いだと思っていたのですが、今年に入ってからの「2年生になったら部活に入る」というセリフは本気だったようで、本人がその方向で動き始めたようです。そもそも何でそのようなことを考えたのか? は分かりません。が、やる気を持つようになったことは、良いことだと思うので、温かく見守りたいと思います。

妻の献身的な家庭学習への誘いにより、勉強する習慣は定着しています。量としてはもう一声欲しいところですが、ブツブツ不満を言いながらもやるようになったことは、素直に褒めています。

もっとも、それはタダではなく、30分につき50円というお小遣い制度の効果の方が大きいと思います。それで貯めたお金を原資に、休日に電車であちこちに出かけることが、彼のモチベーションに繋がっています。

そんな感じで今のところ安定しておりますが、言うまでもなく中学校は3年間しかありません。卒業も遠くない時期になっていることから、今年度は高校進学も意識し、息子の傾向に合うであろうと言われている学校の説明会や見学会には行って情報収集をしなければ、と思っています。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ