« (597) 学校公開に行って | トップページ | (599) GWを振り返って »

2017年4月30日 (日)

(598) 特別支援学校の在籍者急増に伴う教室不足に思うこと

今朝のネットニュースに、標記の記事が掲載されていました。

http://digital.asahi.com/articles/ASK4X0QSNK4WUTIL07N.html?rm=569

親の側の理解が進んだことが一因となっていることは、間違いありません。それは評価されるべきことだと思います。

一方で、不足するくらいですから志望者はもちろん増えているのでしょうけれど、それが急だったのかと言えば、そうでもないようです。少しずつ、じわじわと、それでも確実に特別支援教育へのニーズが深まった結果としてこのような事態に陥っているのですから、じゃあ文科省は今まで何をやってきたのか? と聞きたくなってしまいます。

インクルーシブ教育推進と、特別支援学校の教室不足は、感覚的に方向性に矛盾が生じているのは否めません。「障害がある子とない子がともに学ぶ」ことを推進するならば、特別支援学校の存在自体が真逆の方向を示すものだからです。教室不足を奇貨として特別支援学校そのものを縮小化していく、というのも考えとしてはあり得ると思います。

ただ、本来教育は私事性があります。子の教育についての方向性は、第一義的にはそれぞれの家庭の考え方を尊重すべきであり、現状のように、特別支援学校を志望する親が増えているのであれば、その意思を踏まえて行政としてできることをやっていく、という考え方もあると思います。

むしろ、家庭の側でその選択ができる環境を維持することが大切で、国としてどちらか一方をエイヤーで決めて選んでしまうという考え方こそ、厳に慎むべきだと思います。

なお、インクルーシブ教育については、もう少し拡張して捉えた方が良いのではないかと思うことがあります。東京に住むようになって感じることですが、優秀な子の多くが小中時代から私立に通っていて、彼らは障害児と過ごすこともなく社会に出て、かなりの確率でその優秀な能力を基に主要な地位を占めることになっている、という現実。こういう流れを無視してインクルーシブ教育を主張しても、どの程度意味があるのでしょうか。

« (597) 学校公開に行って | トップページ | (599) GWを振り返って »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/65215205

この記事へのトラックバック一覧です: (598) 特別支援学校の在籍者急増に伴う教室不足に思うこと:

« (597) 学校公開に行って | トップページ | (599) GWを振り返って »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ