« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

(589) ABC分析と行動随伴性

今日、ネットニュースから、以下の記事に行き当たりました。

<糖尿病「教育入院」をしてみた>まずい食事でも糖尿病を改善しようとがんばる人は多いか?

大学院で行動分析を学んだという著者であっても、このような誤解をされているのか、ということに驚きました。私がそう思ったのは、ABC分析のところです。

ABC分析とは、先行条件A(antecedent)、行動B(behavior)、結果C(consequence)を直接観察する方法です。著者は、ABC分析を以下のようにされています。

A:カロリー制限で糖尿病を改善しようとする

B:出てくる食事がまずい

C:カロリー制限なんか止めようと思う

ここで、特に、Bって主観的な事実であって行動ではありません。また、Cも行動者の思考であって、観察できませんから対象とはなりません。更に言えば、Aは先行条件とするには大くくり過ぎます。

もし、私が本件でABC分析をするならば、

A:(空腹で)イライラしている

B:糖尿病食を食べる

C:(カロリー制限のため空腹が満たせず、かつまずいことで)イライラしている

ではないかと思います(これも間違いかも知れません。そうであれば、ご指摘下さい)。こうなると、糖尿病食を食べる行動が、行動随伴性により弱化されると考えます。

そもそも、生活習慣病系って行動随伴性がほとんどない場合が多いと感じています。もし、飽食により都度痛むようなことがあれば、当然その痛みは嫌ですから食事をセーブするようになるでしょう。

でも、糖尿病は、静かに進行します。著者ご指摘の網膜症(失明の可能性)、腎症(透析に至る可能性)、神経障害(壊疽による切断の可能性)という糖尿病性三大合併症も、発症するまでは特段自覚がありません。そうなると、医療機関から指摘を受けるまで、改善努力をしようと思わないのもやむを得ないことだと思います。

また、実際に糖尿病食を継続して改善しようとしても、これも同様に自覚症状がありません。数字が改善してきたら動機としては十分となるものの、行動に直結する快適な刺激にはなりにくいため、意思に基づかざるを得ないと考えます。

障害児育児において、ABC分析により望ましい行動を増やし、望ましくない行動を減らす取り組みは、療育でかなりのウエートを占めます。今回の記事を目にして、適切なABC分析の大切さを再認識しました。

2017年1月21日 (土)

(588) 障害者のマネを考える

まだ就任前のこととはいえ、「障害者のマネをした」と非難されているトランプ大統領。

彼に対する批判は、今回の趣旨ではありません。

もちろん、褒めたたえるようなことではないのですが、障害者側の思いを考えた時に、ちょっと複雑な心境になります。

続きを読む "(588) 障害者のマネを考える" »

2017年1月14日 (土)

(587) 「ありのまま」をもう少し考える

自閉症・発達障害界隈で必ず論争のきっかけとなる言葉に、「ありのまま」があると考えています。

障害も個性、ゆえに「ありのまま」の姿を受け入れることが大切であるという意見と、「ありのまま」では社会適応も困難になりがちであり、療育により改善をはかることが大切であるという意見。

それぞれ首肯できるところがあると思います。

続きを読む "(587) 「ありのまま」をもう少し考える" »

2017年1月 9日 (月)

(586) 新年に思うこと

バタバタしているうちに、松の内が明けてしまいました。
何はともあれ、今年もよろしくお願いします。

あまり変わらないように見える息子も、よそ様から言われるとやはり成長しているんだな、と感じます。

一つは、(581)でも書いた通り、一人で外出できるようになったこと。これは自立の第一歩だと思います。

次に、息子に一年ぶりに会ったある方から「いやぁ、すごく大きくなりましたねえ」と言われました。実際、昨年よりも10㎝程度伸びていますので、それはごもっともだと思います。私の出勤時間は、息子の通う中学校の生徒の登校時間とも重なるため、彼らとすれ違うこともあるのですが、彼らと息子を見比べた場合、息子は明らかに大きいです。しかも、すれ違う同じ学校の生徒は、上の学年である可能性が三分の二ほどあるわけですから、それを加味すると大きい部類であろうことは間違いありません。

また、これもあまり意識していなかったことですが、妹とのケンカも減りました。明らかに軋轢の発生度合いが下がっています。息子を見ていると、脊髄反射レベルの反応も減っていて、また怒り方も前ほど圧力が高くありません。

これと多少関連しますが、少しストレス耐性がついてきたのかな、と感じています。これまでは、運動して疲れるとすぐに不機嫌になり、「もうやらない」と言い出すことも度々ありました。でも、今ではそういうことがほとんど見られなくなっています。

これまで、障害を持つ子の親として常に「崩れた時の立て直しのきっかけ」になるようなモノ、機会、スペース等をあらかじめ用意することを考えてきましたが、昨今の様子を見る限り今後は崩れてもド外れたことにはならないかも知れないと感じており、そうであればこういう事前の準備についてももう考えなくても良いのかな、と思うようになっています。

目の前の子の不適切なふるまいがいつまで続くのか、という思いを持たれている方も多いと思います。私が自分の経験だけに基づいて申し上げるのは普遍性が無いかもしれないことは承知しつつも、不適切なふるまいはいずれ改善していくものだと考えて頂いて良いと思います。

今年が良い年になりますよう、祈念しております。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ