« (584) 渾沌 | トップページ | (586) 新年に思うこと »

2016年12月29日 (木)

(585) 療育施設の一風変わった使い方

タイトルを見て、「療育施設は、障害のある子に療育を受けさせるための施設だろう?」と思われる方は、健全です。

私もそうだと思っておりましたが、ある方の意見を伺って、ちょっと目から鱗でした。

その方に言わせると、療育施設に子どもを通わせている親御さんの中には、療育が目的ではない方がおられるのだそうです。

「どういうこと?」って思いますよね。もったいぶらずにお話してしまうと、療育を受けさせるためというよりも、不登校の子の居場所、受け皿としての側面を期待して通わせている方がおられるのだということです。

もちろん、療育施設ですから療育的なアプローチをしていることはしているのでしょうけれど、それ以前に親としてはその療育効果よりも、とにかく家から出て通えるところが欲しい、という思いを充足するために療育施設を利用しているということで、これは私の想像を超えていました。

こういう目的の親御さんからすると、当然療育効果は二の次になってしまいます。何とももったいない気がしますが、それだけわが子の不登校に悩む親御さんがいて、フリースクール等にも行けない子にとって、ある意味療育施設が最後の砦になっているのだな、ということが分かりました。

療育施設も乱立気味だな、大丈夫かなと若干心配していましたが、こういう想定外の新規需要があることがわかり、この業界のディープな側面を見た思いがします。

もちろん、そういうのってどうなんだろう? という違和感はやはりぬぐえませんけれど。

さて、今年はこれが最後の記事になると思います。地震も増えて、これからどうなるのかという不安もありますが、皆様の来年のご多幸を祈念しております。

良いお年を!

« (584) 渾沌 | トップページ | (586) 新年に思うこと »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/64692632

この記事へのトラックバック一覧です: (585) 療育施設の一風変わった使い方:

« (584) 渾沌 | トップページ | (586) 新年に思うこと »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ