« (549) 入学式 | トップページ | (551) 部活動 »

2016年4月16日 (土)

(550) 一週間が経過

入学式から、10日程度が経過しました。

今週は、ベタで一週間学校があったので、どうなることやらと不安を感じていたのも事実です。でも、これまでのところ取りあえず余裕を持って目を覚まし、朝食もしっかり食べて、遅刻も無く通ってくれています。小学校時代に何度かあった、「学校に行きたくない」「何で学校なんてあるんだ!」という発言は、まだ出てきていません。

習熟してきたのでしょうか、毎日着用しなければならない制服を着るのに要する時間も、だいぶ短くなってきています。カッターシャツのボタンが小さくて苦戦をしていたのもクリアしつつあります。また、小学校時代は腰回りにゴムの入ったズボンを履いていたため、特にベルトは必要なかったのですが、中学の制服のズボンには必須となりました。こちらも、すぐに慣れてきています。

逆に、感覚過敏があるのか、シャツの名前の刺繍部分については、「何とかならないか」と訴えてきました。対応を検討し、妻が刺繍の凸凹部分に裏側からアイロンシールを張ってみました。これでどうなるかは、しばらく様子を見る必要があります。

進学に当たり幸いだったのは、息子のことは、小学校からキチンと申し送りがなされていて、かつ担任の先生もそのことを前提にお話して下さること。穏やかな人柄に加え、息子の様子も聞けばしっかりと教えて下さいます。中学につきもののクラブ活動も、「もし良かったら、私が顧問をしているクラブでどうでしょうか?」と言って下さっています。こちらは、これからどうするかを決めなければなりません。

なお、近々クラスの親睦を深めるために合宿が行われるようです。親としては、そういう行事ごとにはどうしても身構えてしまいますが、もう中学生でもあり、吉と出るか凶と出るかに拘泥しないよう、意識してやり過ごしたいと思い直しています。

とにかく、当面はゴールデンウイークまで何とか乗り切ってほしい、そう思います。

とり

« (549) 入学式 | トップページ | (551) 部活動 »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

アイロンシールでチクチク回避、ウチもやりました。
元気で中学校に通えてるというのはとてもうらやましい

小学校とも家庭とも違うローカルルールがありますが、
落ち着いて確認しつつ先生に相談すれば大丈夫!
良い学校生活を送れますように

瀬津喩さま

>アイロンシールでチクチク回避、ウチもやりました。

コメントありがとうございます。

そうでしたか、やはりその手の対応って必要ですよね。

元気に通えているのも、いつまでだろうか、と若干不安に思っています。

もし、学校に行かなくなったら、その際は、家でみっちり勉強してもらおう、と妻と話合っています。ABA的に、休んだら楽になるという誤学習を避けるためにも、譲れないところです。

中学校の3年間は、一番不安定な時期だと思っており、場合によっては逃げるのもアリだと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (550) 一週間が経過:

« (549) 入学式 | トップページ | (551) 部活動 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ