« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月27日 (日)

(548) 卒業式

この週末、息子の卒業式が行われました。

当日の朝、6年前に息子が入学した時のことを考えていました。当時、卒業なんてはるか先の話だと感じていたことを思い出したのですが、ついにその日を迎えたのだな、と感慨深いものがありました。

記憶の糸を手繰ってみれば、まあ入学式は何とかなったものの、その後の6年間、本当にいろいろなことがあったなあと改めて感じ、瞑目久しく…となるべきところ、息子は式当日の集合時間を聞き洩らしていたようでbearing、学校からまだ登校していない旨の電話を受けることとなりましたwobbly

幸い、ちょうど家を出ようとしていたところであり、息子と学校に向かって走る走る! 最後の日なのに…結局遅刻とはなりましたが、まあ大筋には影響が出ませんでした。本人も、ちょっと前ならこういう想定外の事象が起こると、もっと崩れて自分の非を棚に上げて怒り出したりしていたのにな、と考えると、それはそれで成長を感じました。

このようなこともあり、気分的には厳かさも吹き飛んでしまいましたcoldsweats01けれど、式場である体育館に他の生徒たちと一緒に入場し、皆と同じようにひとこと今後の抱負を述べ、校長先生から卒業証書を授与され、皆と一緒に歌を歌う。そのどれもが6年前の姿からは想像できず、目頭が熱くなるのを抑えられませんでした。

卒業式が終わり、校門付近で名残を惜しむクラスメート達には目もくれず、さっさと帰ろうとするところはまだまだ特性が出ておりましたhappy02が、何枚か写真を撮ろうとそれを押しとどめても、以前のように癇癪を起こしたりすることはなく、淡々と撮らせてくれました。

更に、夕方に行われた謝恩会にも、本人が参加意向を示したことも驚きでしたが、かつ一緒に行った妻によると、周囲の子と何となく一緒に行動できていたようで、友達なんてできないだろうと覚悟していた頃からすれば、隔世の感があります。じゃあ、あの登校しぶりは何だったのだろう? と思ってしまいます。

「周囲の子に混ざれて目立たないようになれることが、最高の成長」…自閉系の子を育てていると、本当にそう思いますよね。

これから、息子は成長の場を中学校に移すこととなります。今後は、更にややこしい問題が発生してくるだろうと思うと気が重くなりますが、ここまで来れたのだから、まあ何とかなるだろうと気を取り直して頑張りたいと思います。

最後になりましたが、小学校では多くの先生方や補助教員の方から真摯に息子に向き合って、できるだけのことをして頂きました。また、通級先の先生にも、親が口をはさみにくい事柄に対し、本人の気持ちをうまく聞き出して頂く等、大いに助けて頂きました。おかげ様を持ちまして、無事にこの日を迎えられたことに、深く感謝申し上げます。

2016年3月12日 (土)

(547) 片付けへの介入

息子は、片付けがうまくできません。多分ADHDの要素も持っているのでしょう。

普段、全く片付けをしないわけではありません。一応やってはいるのですが、傍から見ると適当ですし、さすがに机の平たい部分がかなり狭まってきて、これだともう何かあった時にすぐに作業できないだろう、という状態になっていたので、やむなく私が介入することにしました。

「机の上は、平らにしておく。全部は無理でも、本は本棚に戻す。その他のプリント類も一カ所に重ねる。鉛筆は鉛筆立てに立てる。消しゴムは電気スタンドのところに集める」等と細かく指示を出しつつ、一緒に片付けを実施しました。

「この方が良いでしょう」
「うん」
という会話と共に、時々私にはよくわからないものが出てくるので、

「これは何?」
「これは、○○の部品」
「…で、まだ要るのか?」
「もう、要らないかな」
というようなやり取りもしつつ一部は断捨離も実施、かなり整理できました。

最後に
「机の上は、すぐに勉強できるようにしておかないと、そのたびに最初に片付けが必要になって、疲れてやる気が下がるからね」
と説諭して終わりました。

神妙な面持ちで
「はい」
と応えていましたが、どれほど浸透しているのでしょうかね…。

普段の適当な片付け状態とは違う現状が、いつまでもつのか興味津々です。

2016年3月 4日 (金)

(546) 純粋培養

息子の小学校生活も残り1カ月を切りました。

中学に進学するにあたり、思ったことを述べてみます。

息子は、中学受験をするに足りるほどの発達段階にはありませんでしたが、発達段階に達していたお子さんの大半は、受験をして公立中学校には進学しないこととなりました。つまり、一定以上の富裕層で、かつ発達段階に達していたお子さんで全滅しなかった者は、公立中学には通わない、ということになります。

中学受験は、究極的には有名な大学に進み、そこから官庁や一流とされる大企業への就職を目指すためのステップですから、その道を先に進んだ方々がその目的の端緒となるステップを達成されることは、それなりに意義があることだと思います。

ただ、それでも当方が懸念するのは、そういう環境にいることが、多くのムダを削ぐことによる弊害もあるだろうな、ということです。

続きを読む "(546) 純粋培養" »

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ