« (538) 通級指導教室での変遷 | トップページ | (540) 年頭所感 »

2015年12月30日 (水)

(539) 今年の終わりを迎えて

今年も残すところ2日を切りました。

息子の小学校生活も、あとは三学期を残すのみとなります。やむなく普通学級を選んだ時期からすれば、既に6年を経過しています。中学への円滑な移行のため、近所の中学校の説明会に行ったり、通級指導が行われている中学校の説明会にも出向いたり、とやるべきことはやってきてはいるのですが、まだ近々中学生になることを、今一つ実感を持って感じられていません。

本当に行けるか、行って大丈夫なのか、とかなり不安を感じてスタートした息子の小学校生活ではありますが、爾来5年9カ月、何とか普通学級に在籍したままで過ごしてくることができました。

でも、普通学級を選択した当時から、「いずれ普通学級だと限界が来る時があるかも」と考えており、特別支援学級の一つである情緒障害学級があれば、迷わずそこを志望したのに、という思いは今でも多少あります。息子の通う学区には、情緒障害児向けのものが設置されていないことから、やむを得ず普通学級を選択しました。今の普通学級に通級指導教室を加えた形が、最善では無いものの次善ではあったのだろう、とわかってはいつつも、「でもねえ…」との感をぬぐいきれません。

私の住む地域では、通級指導教室は現在形を変えつつあります。

具体的には、これまでのように子供が通級指導教室の設置されている(自分の在籍校とは別の)学校に通うのではなく、それぞれの在籍校の中で通級指導教室で実施されている内容を受けられるよう先生の方が各学校を巡回する「特別支援教室」の準備を進めており、その準備が整ったところから順次そのような対応を実施していくというもので、週に一度とはいえ親の設置校までの送り迎えの負担が軽減されますし、同じ学校内ですから個体の情報の共有もこれまでよりは容易、ということになろうかと思います。もっとも、息子は卒業してしまうので、この制度改革の恩恵にあずかることは無いのですけれど…。

この時期、どうしても過去の振り返りと、それに伴いもう少し良い方法があったのではないかという無いものねだりの気持ちが強くなります。

今年一年の中で一番思い出深かったことというと、(510)で書いた運動会での息子の成長ぶりです。中でも、紅白各組の得点を集計し、全校生徒の前でそれを発表するという大役を果たした時の感動は、今でも印象深いものでした。

得点係であることは知っていたものの、その係の仕事の中にそのような大役も含まれているとは知らされていなかったので、いざその場面が始まった時には驚きましたし、不安で祈るような気持ちにもなりました。無事に大役を務め終えられたのは、息子の成長とたまたま息子の属する組が勝ったという偶然の相互作用によるものだろうと思います(まだ、勝ち負けにこだわりが多少残っているのでcoldsweats01、もし負けていたらどうだったろう? と考えると背筋が寒くなりますが、それも含めて「持っている」子なのかも知れないと思い直しています)。

そのほか、秋には2泊3日で実施された校外学習(修学旅行)にも参加し、無事に帰ってきました。家族のために、ちゃんとお土産も買ってきてくれました。ただ、よくある旅先のクッキーで、本人の食べるものでもあったため、厳密に100%家族のためのものだったのか、疑問は残りますけれど。

たまに、友達と約束して家に遊びにきてもらえたりもしますし、入学当初にはこのような友人との交友ができるようになるとは想像できませんでしたし、それが継続できるとは思いませんでした。親としては嬉しい誤算でした。

一方で、学校嫌い、学校への拒否感・否定感はまだまだ継続しています。何がどうイヤなのか、を本人に具体的に指摘させるのに苦労しているものの、聞き出せたことは担任の先生と話をしてできるものは改善するようにしています。

この一年、過去経緯も含めて考えると本当にいろいろあったな、と思います。残りの3か月が、実り多いものになることを願っています。

皆様も、良いお年をお迎えください。

« (538) 通級指導教室での変遷 | トップページ | (540) 年頭所感 »

高機能広汎性発達障害児育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/62963100

この記事へのトラックバック一覧です: (539) 今年の終わりを迎えて:

« (538) 通級指導教室での変遷 | トップページ | (540) 年頭所感 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ