« (513) 子の障害への意識差 | トップページ | (515) 量を減らす »

2015年6月27日 (土)

(514) 異動の時期

人との距離感というのも、まさに人によってさまざまかと思います。

昨今は株主総会時期にあたっている会社も多いでしょう。上が代われば下も代わる。サラリーマン社会の風物詩であったりもする異動の時期を迎えて、そのたびに感じることの一つとして、過去にお付き合いがあった方との距離感の差異があります。

こちらはたくさんの関わりがあった、お世話になったと思っていた人に挨拶に行ったら、素っ気ない対応であったり、その逆にこちらがそれほどお付き合いが無かったと思っていたら、丁重な挨拶を頂いたり、ということは、皆さんにも経験があることだと思うのです。

これも、本当はもう一段の深掘りが必要で、関わりへの認識の差異のみならず、その認識に対して挨拶回り等でどの程度自分の思いを表出するかの差異が複合・重畳することだと考えられるので、それらを踏まえるとなると出方もいろいろでかなりややこしくなるのですけどね。

健常者(だと思う)同士でもこのような経験は少なくないことからすると、発達障害により人との関わりが苦手な子にとって、この時期って負荷がかかって辛いだろうなあと思うのです。ある人が挨拶に来たなと思ったら、しばらくしてまた別の人が挨拶に来て…と周囲の雰囲気も、多少ワサワサして落ち着きがなくなるということもそれに拍車をかけます。更に自分に直接関わることとして、異動を踏まえて、次に自分のカウンターパートになる人との新たな人間関係の構築や認識合わせもしなければなりませんし。

顔を覚えるの(相貌認知)にも苦手な場合がある彼らにとって、まさに鬼門となります。

常々人と自分の感覚の違いに戸惑い、ナーバスになっている彼ら。挨拶回りでもその差異を痛感することとなるでしょう。

でも、ここから先は身過ぎ世過ぎで、相手が自分の期待したリアクションをしなくても、自分はとにかくにこやかに頭を下げる、という単純な対処方法を教え乗り越えてもらうしかないだろう、と思うのです。

それはそれで、今度は「あの人って、何か表面的よね」という目で見られるかも知れませんが、無礼者だと思われるよりはマシでしょう。

優等でなくても、赤点を取らなければそれで良い。こういう割り切りも必要ではないでしょうか。

チラホラ始まった挨拶回りの光景を見ながら、そんなことを考えています。

« (513) 子の障害への意識差 | トップページ | (515) 量を減らす »

発達障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (514) 異動の時期:

« (513) 子の障害への意識差 | トップページ | (515) 量を減らす »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ