« (509) その道の「ツウ」 | トップページ | (511) 娘の運動会 »

2015年5月30日 (土)

(510) 息子、小学校最後の運動会

先週は、息子・娘が通う小学校の運動会でした。息子にとっては、小学校最後の運動会となりました。

前々からお伝えしている事実として、「息子は極めてプレッシャーに弱い」という性質があります。

運動会の前日までは、特段変わったこともなく安心していました。けれども当日の朝になり、中々起きて来ない息子を妻が起こそうとしたら「イヤだ、絶対に行かない」と言い出したそうです。ちなみに、私はその頃、観覧場所確保のために小学校に行っており、単身残った妻が対応しておりました。

当然、妻は息子に対して早く行くように何度も伝えたそうです。そして、不承不承玄関から出て行ったものの、その後に妻がベランダから見る限り、マンションの出口を出て行く姿を視認できなかったことから、「アレ?」と思って玄関から外に出てみたところ、息子はグズグズ私達の住んでいる棟の下でウロついていたことが判明したそうです。

私が息子と出会ったのは、観覧場所確保を終えて戻ってきたタイミングでした。棟の前にいる息子に「あれ、まだいたのか?」と思って声を掛けたその直後には、中々歩みが進まない息子を連れて行こうと家を出てきた妻と出くわすこととなりました。私は、改めて家から家族全員分の弁当や飲み物等の荷物を持って行かなければならず、その先の対応は、妻に任せざるを得なくなりました。

どうなったのだろう? と気をもみながら待つ方も辛いです。結局、息子を送って戻った妻の話によると、途中まで一緒に行けば諦めて小学校に行くかと思っていたら、結局校門まで送ることになったとのこと。途中で何度も抵抗し続けていたそうですbearing

それでも何とか連れて行き、小学校の校門で担任の先生に引き渡すことには成功したものの、「今日、大丈夫だろうか…?」という大きな懐疑、不安が頭をかすめることとなりました。

そんなことがありながら、我々も荷物を持って小学校に向かいました。開会式直前に補助の先生と共に校庭に出てきた息子の姿を見ました。今日はダメかも知れない、と覚悟を決めました。

ところが、一旦出てきた後は、全く問題がありませんでした。(親の方でも)長くて閉口するcoldsweats01校長先生の挨拶でも、ウロウロすることもなくキチンと立っていましたし、その後の準備体操も、以前に比べれば格段に上手にやっていました。

100mも走り切りましたし、騎馬戦も「エキストラ」ではありましたがチームの一員として最初から最後までキチンと参加していました。入退場も、周囲の子の動きに合わせて行動していました。

そして、今評判の悪いbleah組体操では、一緒の組になった子の腕力に頼ることにはなりましたけど、倒立も決めましたし、相手の倒立もキチンと受け止めることができました。更に、二人が向き合って両手を持ちあう肩の上に立ち、ピッと奇麗に両手を開くこともできました。そして、一番の見せ場である人間の俵(世間の評判を気にしたのでしょうか、以前はやっていたタワーはやめて、人間が四つん這いになって3段程度積み上がって俵となる)の端で、一人でポーズを決めることもうまくできていました(このあたりの先生方の絶妙な配慮には、ただただ感謝です)。

ふと入学当初を思い出し、あの子が、ここまでできるようになったのか…と写真を撮りながら、涙腺が緩くなるのを禁じ得ませんでした。

なお、これで終わりではありませんでした。

息子が得点係だということは聞いていましたが、具体的に何をやるのかについては、ハッキリ言わなかったのでよくわかりませんでした。精々、集計するくらいだろうと思っていたところ、まさにその時まで本当にわからなかったのですが、閉会式の時に、何と全校生徒の前で、得点係として赤組と白組の点数を発表したのです。朝礼台の上に立ち、全校生徒が注目する中、落ち着いて点数を発表する息子…立派でした。

学校に入ったばかりの時は、運動会でもちょっと隙があるとウロウロしてしまうことから、補助の先生がピッタリマークしていました。だから、どこに息子がいるのかは、補助の先生を頼りにすぐにわかったものです。でも、今はその必要もなくなっています。だから、どこにいるのかも見つけにくくなってしまいました。でも、それが最高の喜びでもあります。

それでも、組体操では1人、2人、3人…と組んでいくごとに移動せねばならず、その行先について、周囲の子から指示を受けたりしている様子も垣間見えており、その点はまだまだだという評価もできるものの、総じて上出来だったと思います。

大任を果たし、帰宅してきた息子を褒めまくりましたが、そういう時のリアクションは意外と淡々としています。それがちょっと物足りなくはあります。

息子が成長したことを実感した今回の運動会でした。

« (509) その道の「ツウ」 | トップページ | (511) 娘の運動会 »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/61633489

この記事へのトラックバック一覧です: (510) 息子、小学校最後の運動会:

« (509) その道の「ツウ」 | トップページ | (511) 娘の運動会 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ