« (504) 理詰めもたまにやってみる | トップページ | (506) GW帰省を終えて »

2015年4月25日 (土)

(505) 娘ももしかして

一応、健常だと思っている娘ですが、それでもやはり「?」となる言動はあります。

例えば、何度言っても「お兄ちゃんいじり」が止まりません。ケンカになるのはイヤだと言っている割には、わざわざ挑発的なことを毎日のように息子に言って、ケンカが始まって親が割って入るまでケンカが終わらない、という事態が継続しています。ツボに入ってしまうと言うか、もうやめよう、という反省の気持ちを持続できず、頭から抜けてしまうのですね。

また、普通なら物事の本質ではないと考えられることを、本質だと考えられることよりも優先してしまうことがあります。例えば、プリントをやる時に、きれいに、早く、正確にできれば一番良いのですけれど、それが困難な場合、どれを犠牲にしますか(或いは、どれを最優先だと考えますか)。

私であれば、「正確に」を一番に考えます。次に「早く」、最後に「きれいに」が来ると思うのですが、娘は「きれいに」を最優先させてしまいます。だから、できるのにやたらと丁寧に字を書くことに集中してしまう結果、時間内には終えられない、という事態に陥ってしまいます。

更に、言葉をその通りに受け取ってしまう傾向もあります。漢字の書き取りテストで間違えた文字は、家で練習することになっています。ここで、娘は上の段落に記載した「きれいに」へのこだわりが仇となって、時間内に終えられず手つかずのままになってしまう文字があります。これはまあしょうがないとしても、家で間違えた文字の練習をするという約束事を全くその通りに受け止めて、手つかずの文字は何もやろうとしません。理由を尋ねると「間違えたわけではないから」…orz

そもそも、書き取りは、字が書けるようになるために実施するものであり、間違えた文字の練習も当然字が書けるようになるために取り組むべきものです。であるならば、手つかずの文字も書けるように練習する、或いはせめて一度は書いてみて、できるかどうかを確かめるべきだと考えるのが、健常者多数一般社会の常識だと考えており、娘の「え、そうなの? 知らなかった!」という驚きに、私も驚いております。

娘ももしかして…と、スペクトラム、連続体という言葉の深さを改めて感じています。

« (504) 理詰めもたまにやってみる | トップページ | (506) GW帰省を終えて »

きょうだい児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/61491244

この記事へのトラックバック一覧です: (505) 娘ももしかして:

« (504) 理詰めもたまにやってみる | トップページ | (506) GW帰省を終えて »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ