« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

(501) 5年生も終わり

昨日から、一気に桜の開花が始まっています。

先週24日を以て、めでたく息子の第5学年も修了致しました。

正直なところ、やっとという思いと、よくぞここまでという思いが入り混じっています。

取りあえず、ここまで不登校にならずにこれたのは、私も何度か登校を渋る息子に対して説得をし続けるなど、折れたりブレたりせずに対応したこともありますが、本人の最後の頑張りと学校と連絡を密に取り続け不安要因を早めに排除するよう対処し続けた妻の努力、そして最後は運によるところが大きいと思います。実際、先生方にも恵まれてきたと感じており、これは運としか言えません。

逆に言えば、これらのうちどれか一つが欠けていたとしたら、どうなっていたのかということでもあります。

発達障害を持つ子どもにとって、学校というのは居心地が良いところではありません。そもそもマイペースなので、学校時に合わせて行動すること自体が苦手、更に規則として決まっていること以外にも、自分には認識・理解できないルールがたくさんあって、それに従わないと非難される、時には人と違う行動を取りがちなことでイジメられる、学校生活の大半を占める授業に集中できない、といったことが複合されて、学校に行きたくないという気持ちが芽生え、育ちやすくなることはやむを得ないことだと思います。

ここから先は、親御さんの考え方にかかってきます。もちろん、親は学校に行ってもらいたいという気持ちがあるのでしょうけれど、「そんなに嫌ならば行かなくても良い」という方もおられるようです。私は、その空いた時間を他の本人にとってタメになるであろうことに振り向けることができるのであれば、それもアリだろうとは思います。一方で、漫然とテレビ・漫画・ゲームをして生活リズムを崩すだけ、というのは論外でしょう。親が軋轢を避けたいだけで学校に行かないという選択をさせるのには、賛同できません。

少なくとも我が家においては、本人の得意分野がまだわかっていないこともあり、「他の本人にとってタメになるであろうこと」がハッキリしない以上、この選択は取れないと考えてきました。

もちろん、心を病むほどであるならば「是非に及ばず」でしょうけれど、このあたりの見極めをキチンとしながら、できる限り休まないようにする、ということが大切なのではないかと思います。

我が子が学校に登校しない間も当然授業は進みますし、その内容がわからないと、進級した時の授業の理解のしやすさに支障が出ることもあり得ます。そうなると、今度は学校の授業についていけなくなってつまらない⇒行きたくないという、あまり望ましくないループができてしまいます。そう考えると、不登校は最後の手段だと考えざるを得ません。

さて、残る1年がどのような年となるのかはわかりませんが、まずはこの方向性を継続し、後は出たとこ勝負となってしまいつつも頑張っていきたいと思います。

2015年3月21日 (土)

(500) 天の試練

このブログも、めでたく500回目の節目を迎えることとなりました。

何か記念っぽい記事を…と無い知恵を絞って考えてみた結果、やはり孟子のこのフレーズかな、と思い至りました。障害児を育てている人が、少しでも元気になることを願っています。

■孟子とは

孟子は、古代中国の戦国時代の儒学者です。儒教は「孔孟の教え」と言われる程で、儒学では孔子に次いで重要とされる人物です。ただ、少し偏屈なところもあったようです。

その言行を集めたものが、「孟子」という書物としてまとめられています。

今回取り上げたいのが、孟子の以下の一節です。

■孟子-告子章句下

天の将(まさ)に大任を是の人に降さんとするや、必ず先づその心志(しんし)を苦しめ、その筋骨(きんこつ)を労せしめ、その体膚(たいひ)を餓やしめ、その身を空乏(くうぼう)にし、行いその為すところに払乱(ふつらん)せしむ。 心を動かし、性を忍ばせ、その能(あた)はざる所を曾益(ぞうえき)せしむる所以(ゆえん)なり。 人は恒(つね)に過ち、然かる後に能く改む。 心に困しみ、慮に衡(はか)りて、而る後に作(おこ)る。 色に徴(あらは)し、声に発し、しかる後に喩(さと)る。 入りては則ち法家、払士(ひっし)無く、出でては則ち敵国、外患無くば、国は恒(つひ)に亡ぶ。 然る後に憂患に生き、安楽に死するを知るなり。

ぶっちゃけ、文語体だと何を言っているのかわかりにくいですよね。多少雰囲気は伝わるかも知れませんけれどcoldsweats01

身の程をわきまえず、私なりの解釈を以下に書いてみます。

天がその人に大きな役目を与えようとする時は、必ず最初にその人が困窮するような環境に追い込むのである。すなわち、その心を苦しめ、その体を疲労させ或いは餓えさせ、貧困へと貶め、やることなすことすべてがうまくいかないようにしてしまうのだ。

なぜならば、その心を発奮させて、忍耐力を育て、できないことをできるようにして大きく成長させるためなのである。

人は誰しもが過ちを犯し、それを改めることで正しいことを知る。思いを巡らした後にやる気が湧いてくる。感情を激発し、声を上げた後にどうすればよいのかを体得する。

国の中に法を厳正に適用する官吏も君主を命がけで諌める側近もなく、国の外に敵国も脅威となるできごとも無いようであるならば、その国はやがて必ず滅ぶであろう。このように考えると、憂患に生きることにも意味あること、そして安楽に身を任せることが死につながる危険があることを知ることができる。

■障害児を育てていて

人によっては、「別に大任なんて降して頂かなくて結構だったのに」「もう良いから、楽にして」というお気持ちの方もおられるだろうと推察します。

けれども、今それを言ったところで、何も変わらないのは明らかです。そうであるならば、辛くても顔を上げて、時に歯を食いしばり涙をこぼしながらでも、できることに一心不乱に取り組む。そうこうするうちに感情の激発を抑え、やるべきことが見え、視野が広がり視点も上がって物事をワンランク上から見られるようになってくる。この循環を確立することが、どうしても必要になってくると思うのです。

どういう巡り合わせでこうなったのかは、まさに人知の及ばざるところだとしか言いようがありませんが、今ある諸条件の中で最高の、もしかしたら最高ではなくても次善の人生を生きることは、ひとえに各人の心構えやその選択にかかっていることに思い至らせ、それをしっかり認識したならば、この孟子の一節を信じて、辛くても立ち上がり、前に進んでいって頂きたいと思います。そうするより他に無いのですから…。

■エピソード

実は、孟子のこの一節については、幕末に吉田松陰と共に小伝馬町の牢屋に投獄されていた佐久間象山が、日に一度は朗読していた、と吉田松陰が著作「講孟余話」に記しています。これは、天の意思への確信があった、とも言えますし、ある意味、歴史に名を残すような人間であっても、大任を意識するようにしないともたなかった、という理解もできますよね。彼らでもそうだったのだ、と思うと、少し気が楽になりませんか。

■エピローグ

発達障害児を育てている方は、皆十分頑張っていると思います。これからも、まだその頑張りを継続しなければならないとは思いますが、張りつめ過ぎないよう、お互いに適度に休みながら、一緒に前を向いて歩いていきましょう。

これからも、よろしくお願い申し上げます。

2015年3月15日 (日)

(499) 目的意識があると

JRのダイヤ改正により、昨日(14日(土))、北陸新幹線が営業運転を、また上野東京ラインも供用を開始しました。

この鉄っちゃんの一大イベントにおいて、「鉄」の血が騒いだのでしょうか、息子は13日(金)の夕方になって、「かがやき(北陸新幹線)の一番列車の出発を見に行きたい。一人では行けないので一緒に行って欲しい」と言い出したそうです。

これを実行するとなると、当然のことながら朝は5時起きとなります。普段、学校に行くために7時45分に起こすのにも一苦労coldsweats01しているのに、本当に起きれるのか? と大いに疑問でした。だから、「起きれるならいいよ」ということにしたのですが…

親側は、私ではなく妻が行くことになりました。結局、残念ながら独力では起きられなかったようですが、それでも妻が息子を起こしたところ、普段とは異なりスパッと起きて身支度を始めたそうです。

私は、ほぼ身支度が終わった段階でたまたま目覚め、見送ることとなりましたが、目的意識があると、こうも変わるものかと驚くやら感心するやら。

7時半ごろ戻ってきた息子は、とても満足した様子でした。かがやきの出発を見送り、上野東京ラインの電車も眺めるという自分の欲求を満たすことができたことはもちろんのこと、そのために起きることができたという達成感も手伝ってのことでしょうけれど。

そもそも、自分の考え・思いを言葉にして親に伝えることができたこと、それ自体も成長だな、と思います。そういう経験を褒めて強化するという日々の取り組みが、少しずつ息子に良い影響を与えていくだろうと信じています。

妻も、お疲れ様でした。

2015年3月 7日 (土)

(498) 映画『みんなの学校』を観てきました

標記の映画を観てきました。

本作は、たまたま私が観ることができた、一昨年7月にフジテレビ系列で放送されたドキュメンタリー番組「みんなの学校」の映画版です。当時のテレビ放送については、 Togetterでまとめられています(ドキュメンタリー「みんなの学校」のTV放映と反響 - Togetterまとめ )。

まず、今のところ東京での上映館は渋谷のユーロスペース1館のみのようです。こちらの立地は、率直に言えば周囲に「子どもが泊まれない」宿泊施設が点在する、潔癖主義者の方には不向きな状況ではありますが、まあこれはしょうがありません。

1階のドアをくぐってエレベーター又は階段で3階まで昇ると、フロントがあるのですが、正直なところこんなに観に来ている人がいるのか、と驚きました。真鍋監督、スイマセン、ちょっとタカを括っておりました。率直にお詫びします。

結果的に、満席(映画館のHPによると92席のようです)で立ち見ならぬ通路に座り見の人までいましたので、こういう映画でもニーズがあるのですね。

ストーリーは、映画『みんなの学校』公式サイトのイントロのページに記載の通りです。ひとことでまとめてしまえば、ある公立小学校の1年でしかないです。

とはいえ、この中で、子どもと教職員、子どもと地域の方、そしてもちろん子ども同士といったそれぞれの関わりのシーンがつくりモノではないことと、子どもが本来持つ率直さから、訴えかける力がとても強く、観る者の魂を揺さぶってくるような感覚を覚えます。それは、もしかしたら我々自身が遠い昔に持っていた小学生当時の感性を、知らず知らずのうちに取り戻させられて、再度その頃の(少なくとも今よりは)豊かな感受性を刺激してくるからかも知れません。

加えて、この学校は健常の子もユニークな特性を持った子(敢えて、こう表現させて頂きます)も同じ教室で学び、相互が自然にそれぞれの特性への配慮を身に付けていく様子が捉えられていて、こういうのって良いよな~と素直に感じさせられます。

ただ、これも卓越した校長先生の指導力とそれをキチンと受け止めて相互に為すべきことを臨機応変に把握し対応できる先生方、更には地域のサポーターの方々の存在が大きいのだろうとも思っており、特にこのカナメの人がいなくなった時にどうなるかな、という一抹の不安は感じざるを得ませんでした。

何はともあれ、これは(発達)障害に関わる人間であれば、一見の価値があると強く感じました。ご興味があれば、是非ご覧頂きたいと思います。

2015年3月 1日 (日)

(497) 能力が無い、低い

発達障害に関わっていると、○○する能力が無い(欠如している)、低いという表現を見聞きすることが多くなります。

最たるものは、注意欠如(欠陥)多動性障害というネーミングでしょうか。それ以外でも、人への関心やコミュニケーション能力、集中力、協調性やこだわり等に関して、そう表現されてしまうことがあり、息子を含む彼らの言動を見ていると、確かにそれもやむなしだな、と感じることはあります。

この能力の有無や高低って、それ自体には主観が含まれていないはずですが、実際のコメントを見聞きした場合、どうしても受け取る側には非難や軽侮されたような印象を与えがちだな、と感じます。

やはり、社会一般では能力は無いよりはあった方が、低いよりは高い方が良い、という価値観が前提にあり、その価値観が私達に幼い頃からの積み重ねで刷り込まれていることから、そのような印象を感じてしまうのではないか、と考えています。つまり、我々の価値観に能力絶対肯定主義が内在してしまっている、ということかと。

確かに、能力ってあって困るものではありませんし、大抵のものごとにおいてできないよりはできた方がよく、できるならよりできた方が有益かつ便利であることは、間違いないことではあると思います。

強いて言えば、人間は全ての能力が無くても、多少できないことがあっても生きていけるとは言えますが、それは能力絶対肯定主義を否定するものではありませんよね。

ただ、たとえ真実ではあっても、それ自体が言葉の刃になり得ることってあるなあ、とは感じます。

そういう表現の端々に、パッと見には客観的であるように感じさせながらも、社会の価値観が含まれていることがあるということを、しっかり認識する必要がありますね。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ