« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月22日 (日)

(496) 受容の中の詭弁

「何だ? このタイトル」と思われたかも知れません。

段々書くネタが無くなってきて、センセーショナルな見出しに頼るようになったか? と批判されるかも知れませんね。それは、甘受します。

帰宅途中にふと気付いたことですので、思いつきに近いのかも知れないことではありますがcoldsweats01、実は、受容という言葉は、単純にあるがままを受け入れるということを意味していないのではないか、ということに思い至ったのです。

何を言っているのかというと、単純にあるがままを受け入れるのだけでは足りず、one状況を前向きに捉え、更にtwo自らの人生を肯定するところまで含んでいるのではなかろうか、ということです。

よくよく考えてみると、このonetwoってかなり強い価値観だと言えます。一方で、なぜこれらの価値観に基づかなければならないのか、について全然説明されていません。即ち、あるがままを受け入れると、どうしてそれを前向きに捉えられるのか、また自らの人生を肯定できるのかがわからないということです。そういう点では、論理的でないと感じています。

何もそんなことまで言っていないではないか、という反論はあり得ます。でも、実際どうでしょうか? 

例えば、子の障害について悲観的に捉えていたり、「もうだめだ」と自棄になって天を呪っていたりする人って、残念ながら少なからず社会に存在しています。そして、あなたはそういう人に対して「ああ、この人は障害の受容ができている」と評価しますか? 

まずそうではないことを考えると、私が申し上げている問いの意味がお分かり頂けるものと思います。受容したからには、絶対に前向きに捉えていて、人生を肯定しているはずだ、という価値観、もっと言えば思い込みが含まれているのです。

ただ、禅問答では、世の中を構成する全ての存在を明らかにすることは、迷いがなくなることに繋がり、諦めの境地に至る、つまり悟りを得るということになるのだそうですから、この点では、「障害の受容」も子が障害者であることを明らかにすることである、ということから類推すると、それを前向きに捉えること、その与えられた条件の中で人生を肯定することにつながりやすくはなるかな、とは思います。

ただ、禅問答も宗教的なバイアスがかかっており、これは、やっぱり詭弁だと評価せざるを得ないと考えます。そもそも、こういう議論は、社会的には望ましい方向性であるがゆえに、途中経過を省いていても批判しにくくなることは否めません。また、最終的には、そういう結論になるのかも知れませんけれど、やはり丁寧さに欠けているとは感じます。

これについては、異論もあるでしょう。けれども、何事も批判的に見ることは、良さそうなことについてもそうあるべきだと考えており、この点はご理解いただきたいと思います。

2015年2月14日 (土)

(495) 叱れば動くこともなく

今は、共働きが普通の時代となりました。

それでも、家計において一般的には妻の収入の方が低いことが多く、その過半を担うのは夫側である、ということは、現状では決して珍しいことではないと認識しています。もちろん、ジェンダー論的にはいかがなものだろうか、という問題意識はあるものの、現実を基に議論をしないと発散するので、ここではそこに立ち入らないものとします。

会社において上司が数値目標を示して、その必達のために檄を飛ばす、うまくいっていない部下をしっ責するということは、普通にあることだと思います。

そういう厳しい環境の中、お父さんが家庭人として家族のことを思い、頭を下げていること自体は、素直に尊いことだと思うのです。

ただ、このようなどこの会社でも見られる悪い「常識」に捉われているうちに、立場が変わった際に、自分も他者をしっ責すれば、自分が思うように動くようになる、と大きな誤解をしてしまうのではないか、ということを危惧しています。虐待の連鎖ならぬしっ責の連鎖です。

私の感覚では、数値目標を満たしていないことに対してあれこれとしっ責してくる上司が、同じ口で「目的意識を持たなければだめだ」「自分で考えて行動できるようにしないと」と言うのは、言う側に大きな矛盾があると思います。自発行動を促すのであれば、しっ責ではなく教導すべきでしょうし。

私達が関わっている障害児育児の常識として、良くない行動に対してしっ責すれば良い、等と言われることはありませんよね。もしかしたら、障害児に対して叱ってはダメで、健常児ならしっ責しても良い、のでしょうか? ちょっと考えれば、そのようなことはないですよね。こういう叱りの効果に対しても大いに疑問を感じ、子育てのあるべき姿も考え直すべきでしょう。

しっ責に耐える、苦労をすることは、目的ではありません。望ましい行動を示して定着させることについて、日本人はもう少し前向きに受け止めるべきだと思います。苦労して体得することができる人は、決して多くありません。挫折リスク、誤解リスクも無視できませんし。

連合艦隊司令長官だった山本五十六氏を尊敬する経営者は、少なくありません。であるならば、その語録にある「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」についても、是非とも実践して頂きたいものだと考えています。

2015年2月 8日 (日)

(494) 花粉症

昨日、息子の行動がちょっと変でした。

乗り慣れた通り抜けタイプのエレベーターの降りる側がどちらかを忘れて、乗った側から降りようとしたり、今までやったことがないのに、家のトイレのドアで指を挟んだり…wobbly

どうしたんだろう? とちょっと不安に感じました。昨今の世相の影響で、子どもに変わったことが起こると、何か良からぬことの前兆ではないか、と身構えてしまいました。

たまたま、療育に詳しい方とバッタリ出会ったので「実は…」とお話してみたところ、

「集中力を欠いているってことですよね。それって、もしかしたら花粉症の影響かも知れませんよ」、と意外な答えが返ってきました。

実は、私自身花粉症(それも、ヒノキ)なので、そのアレルギー体質が遺伝するということは、当然に想定できます。ただ、私の場合クシャミがひどくなるだけで、集中力が損なわれるようなことは経験していませんでした。そのため、花粉症の症状として、集中力に影響を受けるということには思いが至りませんでした。

帰宅後に妻にその話をしたら、「検査は受けたこと無いけれど、私も息子は花粉症なのではないかと思っている」とのことで、気付かなかったのは私だけか? と残念に思うとともに、何でも発達障害に結びつけて捉えがちになっているなあ、と視野が狭くなっていることも含めて反省しました。

まだ花粉症であると診断されているわけではありませんが、一度何がアレルゲンになっているのか、その原因について検査で調べて、息子の負担を軽減することに取り組みたいと思います。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ