« (493) 友達を連れて来る | トップページ | (495) 叱れば動くこともなく »

2015年2月 8日 (日)

(494) 花粉症

昨日、息子の行動がちょっと変でした。

乗り慣れた通り抜けタイプのエレベーターの降りる側がどちらかを忘れて、乗った側から降りようとしたり、今までやったことがないのに、家のトイレのドアで指を挟んだり…

どうしたんだろう? とちょっと不安に感じました。昨今の世相の影響で、子どもに変わったことが起こると、何か良からぬことの前兆ではないか、と身構えてしまいました。

たまたま、療育に詳しい方とバッタリ出会ったので「実は…」とお話してみたところ、

「集中力を欠いているってことですよね。それって、もしかしたら花粉症の影響かも知れませんよ」、と意外な答えが返ってきました。

実は、私自身花粉症(それも、ヒノキ)なので、そのアレルギー体質が遺伝するということは、当然に想定できます。ただ、私の場合クシャミがひどくなるだけで、集中力が損なわれるようなことは経験していませんでした。そのため、花粉症の症状として、集中力に影響を受けるということには思いが至りませんでした。

帰宅後に妻にその話をしたら、「検査は受けたこと無いけれど、私も息子は花粉症なのではないかと思っている」とのことで、気付かなかったのは私だけか? と残念に思うとともに、何でも発達障害に結びつけて捉えがちになっているなあ、と視野が狭くなっていることも含めて反省しました。

まだ花粉症であると診断されているわけではありませんが、一度何がアレルゲンになっているのか、その原因について検査で調べて、息子の負担を軽減することに取り組みたいと思います。

« (493) 友達を連れて来る | トップページ | (495) 叱れば動くこともなく »

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (494) 花粉症:

« (493) 友達を連れて来る | トップページ | (495) 叱れば動くこともなく »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ