« (492) 勝ち負けへのこだわりに対する変化球 | トップページ | (494) 花粉症 »

2015年1月31日 (土)

(493) 友達を連れて来る

昨今では、お互いのプライバシーへの配慮からか、昔ほど子ども同士がお互いの家に遊びにいくことも少なくなっている印象を受けます。

大人になってから知ったこととしてはcoldsweats01、誰かを家に呼ぶ際にはそれなりに部屋を片付ける必要があったり、お茶やお菓子を用意したりするのがマナーであり、そういう準備にはそれなりに手間がかかる、という事情もありますしね。

なお、私の幼少期にはそういうことをやった記憶が無いのですけれど、遊びにくる子が何か一品お菓子を持ってくることも多くあります。そうやって、お互いに負担をかけないように配慮する、悪く言えば貸し借りを作らないように気を付ける、風潮になってきていることを感じます。

前置きが長くなりました。我が家の場合、息子と妹が、たまにそれぞれの友人を家に呼ぶことがあります。

娘に対しては、特段このようなことを考えはしないのですけど、息子の方は障害特性もありますし、幼少期には「友達が家に遊びに来るなんて、そんな日が来ることがあるのかなあ」とかなり疑問と悲観を持って、療育に勤しんでおりました。それでも、小学校に入ってしばらく経つと、お友達の名前もポツリポツリと聞くことがでてきました。そして、なぜか変わった子と遊びたがる子や面倒見が良い子って一定の割合にはいるようで、ついにそういう日がやってきて、夫婦で「こんなことが起こるなんて…」と驚きと喜びを感じることとなりました。

でも、親としてはまた後でガッカリしたくないという気持ちが先に立つため、「まあ、そう長くは続かないよね…」「きっと、物足りなくて寄らなくなっちゃうよね…」といつまでもそういう交流が続くわけでもないだろう、また一人になってしまうのだろう、という予想を立てて、心のバリアを張りつつ日々を過ごしてきました。

…でも、不思議なことに、途切れずに現在に至っています。妻とは「どこが良いんだろうねえ?」「他に遊ぶ子がいないのかな~?」と思いながらも、複数の子が遊びに来てくれているので、ありがたい限りです。

細くても良いから、できるだけ長くこの交流が続くことを願っています。

息子の友達が遊びに来て何をやっているのかと言うと、Wiiで遊ぶことが多いようです。そして、特段トラブルもなく遊べているので、まあ今はこれで良いかと思っています。敢えてトラブルを一つあげるならば、やたらと妹がその中に加わろうとするところですかねcatface。これは、息子から止められてスゴスゴ戻る、を何回か繰り返すようですconfident。この妹のチャレンジは、自身の少年期の状況を振り返ってみても、やはり無理だろうと思います。

妹も、そういうことに触発されて「じゃあ、今度は私の友達を家に呼びたい」と言って、連れて来るようになりました。これには、もう一つの要因があります。実は、こういうことって女の子が通る道だと(勝手に)思っていますが、近所の友達と段々合わなくなって遊ばなくなってきている、ということも関係しています。

妹達もゲームで遊ぶのですが、この時には(当たり前ですが)息子はその中に入ろうとはしません。この点、息子のソーシャルスキルが高いのか、単純に人との交わりが苦手なのかは謎ですけど。ただ、「もう5時だぞ」と暗に帰宅を勧めるようなことを言ったりするあたり、若干仲良く遊んでいることへの嫉妬心が垣間見られるように思っています。

子ども達も、成長するにつれて他者との関わりが増えてきました。その分、親の関わる部分が確実に減ってきていることを実感します。子の親離れが、少しずつ着実に進んでいきますね。喜ぶべきことであるのでしょうけれど、寂しくも感じます。

« (492) 勝ち負けへのこだわりに対する変化球 | トップページ | (494) 花粉症 »

きょうだい児」カテゴリの記事

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/60989948

この記事へのトラックバック一覧です: (493) 友達を連れて来る:

« (492) 勝ち負けへのこだわりに対する変化球 | トップページ | (494) 花粉症 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ