« (483) 乳歯を抜く | トップページ | (485) まだ無理かな »

2014年11月29日 (土)

(484)発表会に思う

皆様のところでも各種の「発表会」が行われていることと思います。

音楽・演劇・ミュージカル等多彩なバリエーションのある発表会。そのシーズンも、そろそろ終わりになりつつあると思います。

正直なところ、昔ほどではないにせよ、この手の行事が近づいてくると、毎回胃と心が痛くなります。一言で言えば、「今年はどうだろう?」と心配と不安がムクムクと心の中いっぱいに広がってしまうのです。

毎回思うことではありますが、発表会って誰のためのものなのでしょうか。この行事をやらないと学校教育が崩壊するわけでもありません。親も「せっかく発表会があるのだから見に行こうか」と考える程度の人が大部分で、「我が人生は子の発表会を見るためのものであり、それより他にない!」というほど気合を入れている人は、まあいないのではないかと

ゆとり教育を脱して学習内容が増えたことに伴って、子どもの負担感は増えているのですから、この手の行事もスクラップ&ビルドが必要なのではないかと思います。もちろん、全部無くせというつもりもありませんけれど。

このあたりは、会社の業務と同じで、時間は有限なのだから、優先順位をつけて劣位のものは減らす・やめるという決断が必要なはずですが、それに誰も手をつけようとはしないということなのでしょう。

今回、息子は頑張りました。でも、不器用な子にとって、楽器を弾くということはすごくハードルが高いことなのです。ツェルニー40番までやった私としては、至極簡単なことなのですけれど、そもそも楽譜を読むことからして苦手であり、楽譜の指し示している音は何かを瞬時に理解し、指を的確に動かすということは、やはりできる子ばかりではないなあと感じます。

発達障害で不器用な子を育てる場合、このことは達観するしかなくて、できないことは無理にやらなくても良い、特に将来使わないであろう技能については、周りからどう思われようと「捨てる」覚悟も必要になります。

でも、息子に「できなかったら、息は吹かずにやっているフリだけしても良いのだよ」と伝えたところ、「それはイヤだ!」と拒否されました。彼の中にも、みんなと同じことをしたい、という思いが芽生えてきていることを感じ、そのようなアドバイスをしたことが本当に良かったのか、若干の後悔を感じたりもしています(でも、私が言っていること自体は、世渡りのテクニックでもあるしなあ、という思いもあり)。ホロ苦いですねえ。

何はともあれ、今年度のその手の行事はこれでほぼ収束したこともあり、小学校生活も何とかなってきたなあという安堵と、あと1年半も無いなあという焦燥を感じています。

« (483) 乳歯を抜く | トップページ | (485) まだ無理かな »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

確かに行事によってクラスの結束力や達成感が高まったり、みんなの意欲向上(技能面も含め)そしてその場を経験することで大きく「成長」する子どもたちの力には感激があります。けれどもご指摘の様に・・程度問題と言うか、それにおけるプレッシャーやリスク、犠牲になることもあろうかと思います。

 「ゆとり」という言葉がありましたが ご指摘の様に今やあらゆる方面から「これを小さいうちから~教育」が多々入って来ます。毎日クラスで配られる配布プリント・・これも 配布時の負担や時間をのべで考えれば結構なものです。行事の精選は学校週5日制の折は随分検討されました。しかし今は「減らす」基準が難しくなりあれもこれも残ったまま 新たなものも次々導入されじっくり皆が良かった!と思える行事を実施する難しさもあります。

 秋は研究発表校が多く、自習を支度をしてばたばたと慌ただしく参加しなければならない!?(・・う~んでもクラスの子ども達との関わりは減るし 心配もあるし・・)のジレンマはどの先生方にもあるのではないでしょうか。

 こどもにも大人にも「捨てる覚悟」が必要なのは自己反省も含め 「同感!」です。将来使う技能?・・実は これも難しく・・それほどないのであります。学校文化?学校技能?とでもいいましょうか。逆上がりができたから就職できることもないでしょうし、リコーダー不得手のプロ歌手もいます。・・・さて?学校って何なのでしょう?・・・・

赤根様

コメント頂きありがとうございます。

私の中のネガティブな気持ちを言わせて頂くならば、学校のこれらの行事ごとに、見栄えできばえを優先する先生方のアリバイ作りの思いが紛れていないだろうか、という疑念がどうしても拭えない、ということです。

数が減らせないなら、質を下げない限り負担は減りません。しかし、質を下げると見栄えできばえに影響します。普段は、教育指導要領を盾に決められたことしかやろうとしない姿勢を見せながら、発表会等の行事ごとでは指導要領に無いことなのに高レベルのことを求めてくるのはなぜか、と考えてしまうのです。

もちろん、一部の親が「無邪気」にもっと難しいことにチャレンジしないと、と軽い気持ちで言ってしまうのも事実で、親の側も反省しなければならないとも感じますけれど。

問題は、子どもの負担感であって、今のようなやり方で子供達のためになるのだろうか、一将功なりて万骨枯る状態になっているのではないだろうか、常に努力を強いられることが子の成長に不可欠なものなのだろうか、ということを、そろそろ真剣に考えなければならないと思っているのです。

はい。おっしゃる通り『見栄えできばえ』『勝敗の結果』は行事では当然に関わって来ると思います。中には全く意に介さない方もおられますがすると あの先生は、ダメなのだから!と親御さん方から怒りのような、あきらめのようなヒソヒソ言葉が聞こえてくるかのようです。・・アリバイと言えば・・そういう面が否めないと言う事かなぁ・・

 負担感や緊張を強いられ続けられる割には「達成感」「成長感」が感じられないと疲労感やつまらなさ あ~あ終わったかというノルマをこなしたかのような義理・義務的にばかりなるかもしれません。私は行事も教育の内容でありますので その経過を丁寧に感じ見て行く教師の視点と価値観はとても大事だと思って来ました。運動会ではほとんどの学校に徒競争があると思います。どうしても(つけるかどうかに関わらず)順位は一目瞭然。比較を受け走るのが苦手な!短距離ダッシュ型で無い子は自分は「遅い」「ダメだ」「苦手だ」と内心感じていることでしょう。教師がとにかく最後まで走りきること!を自らも本当に素敵な事・尊い事と思い「それを見たいのです!・・」と語り続ければ本人の自己評価とは別に一つの価値も出て来ます。もちろん実際見てその後の声掛け等が当然必要です。また全てとは物理制約で行きませんが発表会の内容を一人一人ができるまでとことん教師ができる様にして望ませる・・負担も当然ありますが達成感を持たせてあげられることを大事な目標とする!方もおられます。

児童・生徒一人一人が行事を「喜びと出来る」こと・・が 見栄えできばえよりも大事にされて欲しいと願うものです。

昨晩は記事の内容についてばかり考えコメントしてしまいました。・・実はいつも拝見して思って居る事を書き添えるつもりを忘れてしまってました。

 『斜に構えてみる』・・・このタイトルとても気に入ってます。そしてさらに嬉しいのは内容もさることながら書き手の気持ち・姿勢が「真っ直ぐ」で「正直・誠実」さが私には感じられる事です。そして思慮深さと現実を直視しつつ見守る温かさと申しましょうか・・。
 真っ直ぐ・・向き合っているからこそ 斜め(多方面)から見たり感じられたり 時には自分の位置を変えたり回転させてみたり 斜めに傾かせて見えてくるものを探したりと

 何かうまく言い表せきれず申し訳ありません。・・・ともかく・・「ありがとうございます」

赤根様

更にコメント頂き、ありがとうございます。

もちろん、上手に導いておられる先生も多くおられることは認識しています。そして、例えば運動会の組み体操で中々持ち上げられない下の段の子が、何度かチャレンジして立ち上がった時の裂帛の気合と「できた」という高揚感に、見ている私たちも手に汗を握ったり、舞台で最後のキメのポーズがきれいに決まって、晴れやかな笑顔を見せる子たちに惜しみない拍手を送ったりと、親としての自分の立ち居振る舞いにも、うまくやって欲しいという願望が潜んでいることを否定するものではありません。

それに沿える子は良いのですが、沿えない子というのがやはり少数かも知れないけれどいて、彼らが責められたり非難されたりということが無いよう、守ってあげて欲しいというのが私の思いです。

たびたび、コメントを頂きありがとうございます。褒められると面映ゆさで身の置き所が無くなってしまいますが、これからも細々と続けていきたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (484)発表会に思う:

« (483) 乳歯を抜く | トップページ | (485) まだ無理かな »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ