« (476) 言葉に出して伝える | トップページ | (478) どこまでを目指すのか »

2014年10月12日 (日)

(477) 予定の変更への弱さに思う

息子は、運動会や授業参観その他の学校行事で土曜日に学校に行くことを、その行事そのものへの忌避感とは別に、イヤだと感じているようです。

自分は最初、発達障害の特性とされる「予定の変更への弱さ」が出ているな、と思っていました。

でも、例えば先週始めに台風で学校が休校になった時には、全く問題ありませんでした(恐らく、14日(火)もかなりの確率で休校になりそうな感じです)。

これを客観的に見れば、これも急な予定の変更のはずなのに、どうして大丈夫なのか、ということになりますよね。

これらの事実を止揚すると、息子は単純に学校に行きたくないだけであり、自分にとって利益になることであれば、急な予定の変更といえども全く問題がない、ということが分かります。

平たく言えば、自分に都合が良い予定の変更には、全くフリクションを起こさない子もいる、ということかな、と。

このようなこともあり、発達障害って療育書に書いてある通りではないのだなあ、ということを再認識します。

この間合いを体得できるようになるまでには、そこそこ時間を要すると感じています。

« (476) 言葉に出して伝える | トップページ | (478) どこまでを目指すのか »

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (477) 予定の変更への弱さに思う:

« (476) 言葉に出して伝える | トップページ | (478) どこまでを目指すのか »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ