« (460)他者の介入 | トップページ | (462) 先の見通し »

2014年6月28日 (土)

(461) 非マルチプレーヤーの活用

私は、社会の「アソビ」の絞り込みに、大いなる不安を感じています。

どのようなものであっても、きちきちに詰め込むことは、かえって動きを悪くします。ブレーキにもアソビが必要ですし。

企業はマルチプレーヤーを望んでいて、少数採用した彼らにさまざまな仕事をこなしてもらうことで、利益を確保しようという風潮が強まっています。人間、いろいろなことができた方が良いのは確か。でも実際のところは、それができる人ばかりではありません。できない人は就職もままならないという今の状況は、みんなが望んでいることなのだろうか? と考え込まざるを得ないのです。

新聞によれば、株主総会もピークを過ぎたようです。株主である投資家は経営者に対し、投資に対するリターンを求めます。それに応えるため、利益を生み出そうと経営側も努力をするのですが、その一環として固定経費となる人件費は抑えにかかる方向に進みがちとなります。そうなると、雇用は増えません。雇用が増えなければ、購買力も増えず、企業の売り上げも減って、利益が出ない、という悪循環に陥ることになるのですが…

企業全体でこのマルチプレーヤーの抱え込みと雇用抑制の風潮が蔓延してしまうと、経済は縮小する方向にしか進めなくなってしまいます。

出生率がダダ下がりしている中で、必要な労働力を確保するためには、非マルチプレーヤーの採用も不可避になると思います。そこで、無理やりマルチプレーヤー化することを考え労力を費やすのではなく、最適な組み合わせを探っていくというアプローチの方が有効なのではないかと思います。

強みと弱みをきちんとアセスして、最適な人的ポートフォリオを組む。マルチプレーヤーの持って生まれた能力にぶら下がるのではなく、非マルチプレーヤーの活用体制を構築しマニュアル化するために汗をかくことが、これからの社会の持続可能な発展に必要だと思っています。

« (460)他者の介入 | トップページ | (462) 先の見通し »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/59889342

この記事へのトラックバック一覧です: (461) 非マルチプレーヤーの活用:

« (460)他者の介入 | トップページ | (462) 先の見通し »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ