« (455) 家庭の平穏を維持すること | トップページ | (457)障害児療育体制構築と不測の事態 »

2014年5月25日 (日)

(456) 運動会終了

息子・娘が通う小学校の運動会も、無事に終了しました。

そもそも運動自体が不得手なことに加え、集団の一斉指示に従うことも、次の出番の結構前から長く待たされることも、何度もいつ終わるかハッキリしない練習をさせられることも、暑い日差しに照り付けられることも、大勢の前で何かをすることも、息子から見るとみんな苦手でイヤなことなのですが、何とか乗り切れました。

むしろ、小成功くらいだと思います(「小成功って何やねん?」と言われそうですけど)。

相変わらず、家ではヤダヤダ言っていましたけれど、それも具体的にどういうところがなぜイヤなのかを(完全にでは無いですが)説明できるようになっていました。ここが、今までと大きく変わったところだと思います。話すことによって、本人の気持ちが多少は収まるところがあり、加えて私たちも意識的にそれをキチンと聞いてあげるようにしたことで、本人の承認欲求が満たされることにつながったのではないかと思います。

更に、練習中の様子も先生からお伺いし、大崩れすることもなくやれていることを確認していたこともあり、今回はかつて参観するたびにハラハラドキドキだった昔に比べると、8:2でまあ大丈夫でしょうという予想(楽観)を持てるようになりました。

当日の先生方のフォローも的確で、本人の成長とともに先生方のスキルも上がってきたことも勝因だったと感じています。本当にありがたいことだと思っています。

ただ、勝つことへの執着は多少残っていて、午前中でどうやら自分の属するチームが負けそうになっていることを感じて、昼食時に「反対側に回りたい」とつぶやいていました。言っちゃ悪いですけれど、クレしんの「ぶりぶりざえもんか?!」と突っ込みを入れたくなりました

一方で、これも先の見通しがつくようになったと捉えることもできて、それはそれで成長の一つだったと感じています。

考えてみれば、小学校の運動会もあと1回なんだなあと思うと、ちょっと感慨深いものがあります。

このブログを訪れて来られる読者の少なからぬ方が、憂鬱になりため息をつく運動会。我が家もそうでしたけれど、まだマシな状況はやがて訪れるものだと実感しております。気長に、あまり思いつめずに子供との日々を過ごして頂くことを願っております。

« (455) 家庭の平穏を維持すること | トップページ | (457)障害児療育体制構築と不測の事態 »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (456) 運動会終了:

« (455) 家庭の平穏を維持すること | トップページ | (457)障害児療育体制構築と不測の事態 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ