« (441) 進歩を感じたこと | トップページ | (443) 二者択一はMUSTなのか »

2014年2月20日 (木)

(442) 障害者をきちんと受け止める

日本の障害者福祉は遅れている、とよく言われます。私もそう思います。

障害について、私は端的に「人間の持って生まれた特質の中のひとつであって、日常の生活に困難をきたすレベルに達した弱点」だと認識しています。

日本って面白いなあ(楽しんで言っているわけではありませんので念のため)と思うのですが、「お互い様」に代表される相互の思いやりや助け合い、人と人とのフラットな関係が他国に抜きんでて優れている一方で、「人様に後ろ指を指されない」ことを至上命題としてしまっているためか、自分の弱点を晒さない傾向が生まれていると感じます。

今、我が家は療育に加え新たに介護問題を抱えつつありますが、親は介護保険を使って誰かに家事の手伝いに来てもらうことにかなりの抵抗を感じていて、この話がなかなか先に進んでいきません。これはモノの本によれば我が家に特有のものではなく、この世代にはよくありがちなことであって、人の世話にならないことを美徳としてきた価値観が、裏目に出てしまっているなあと感じます。

もともと、江戸時代の大多数は農民であり、五人組制度と相まってお互いに助け合う文化が発達した一方で、楽ではない生活の中で、他者に負担をかけることで非難されたくないという思いが現代まで遺物として残ってしまったのではなかろうか、と考えています。

確かに自分でやることは尊いことだと思うのですが、それに固執してQOLが下がり、場合によってはそのことで寿命を縮めてしまうような事態すら招来しかねないのであれば、やはり本末転倒だと思うのです。社会みんなで支える仕組みが(不完全であっても)できたのであれば、まずはそれに乗っかるという姿勢が大切だと思います。

これと同様に、日本においては障害についても他者に晒して助けを求めることを良しとしてこなかった結果、行政側の仕組み作りの対応も遅れてしまっている、という面もあるやに感じています。もちろん、介護の方は世の人全員が「行く道」でありニーズも多い一方、障害者福祉は全員が必ずしも直ちに必要とするものではなくニーズが少ないという側面による方が大きいとは思いますが。

とはいえ、弱者であることを晒すのにためらいを感じるというのは、一言で表現すれば弱肉強食であり、野生動物と同じメンタリティなのではないか? と感じてしまいます。それで良いのでしょうか?

言うまでもなく、何でもかんでも人に頼るというのは逆にどうかと思いますが、人としてできる範囲で頑張り、足りない部分は人に頼る。頼られた側も、できる範囲でお手伝いする、というのは人間が本来あるべき姿だと思っていて、まず最初は必要な人が「必要だ」と声を上げることが第一歩になると思っています。

この声をきちんと受け止めることが、野生動物から分かれた万物の霊長たる人間としての見識を問われることになるのではないか。私は、そう思っています。

« (441) 進歩を感じたこと | トップページ | (443) 二者択一はMUSTなのか »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/59141725

この記事へのトラックバック一覧です: (442) 障害者をきちんと受け止める:

« (441) 進歩を感じたこと | トップページ | (443) 二者択一はMUSTなのか »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ