« (434) SSTを考える | トップページ | (436) 長い休みに思うこと »

2013年12月29日 (日)

(435) 少数派のハンディ

発達障害児を育てている今、常々感じることですが、やはり多数派は楽です。世の中の価値観は多数派によって形成されていて、似たような考え方をする人が周囲にたくさんいて、いちいち自分の考えていることを微に入り細に入り説明しなくても済むというのは、楽ですよね。

それどころか、思ったことをほとんど口にしなくても、周りに伝わって実現してしまうことすらあります。もっとも、これはその人が周囲から大事に見守られているからだ、という事情もあるからでしょうけれど。でも、発達障害側から見れば、♪あんなこといいな できたらいいな のドラえもんの歌詞の通りに感じられるくらいの羨ましいできごとであったりします。

さらに多数派は、敢えて異なる考え方を知ろうとしなくても、特段生活に困ることはありません。イメージ的には、英米人は、敢えて他の言語を学ぼうとしなくても済む、というのに近いでしょうか。植民地であった地域が独立しても、英語が公用語等として残ったことによって、彼らはそのような環境を得ることができてしまいました。加えて、相対的にでも多数派言語となったことで、非英語文化圏の人達も英語を学ぶようになった結果、今後も広範囲に英語が使われ続けていくこととなるでしょう。定型発達文化も、基本的には同様だと思っています。

これに対して、少数派は真逆です。自分の考えていることを細かく説明しないと、理解を得るきっかけをつかむことができません。理解を得られないだけならともかく、時には非難されてしまうことや、攻撃されてしまうことすらあります。

だからこそ、多数派の考え方を学び、理解することにエネルギーを注がなければなりません。そして、自分の考え方との接点を探し、自身を納得させられるような自分なりの落とし所を探し続けなければなりません。

少数派が負うハンディは、単純に差異があるということだけではなく、差異を埋める努力をどちらがより負うかという点でも顕著に表れると思います。言い換えると、「みんな違ってみんな良い」ということが、ようやく認められるようになってきているものの、その差異の存在を許容されるだけでは、ハンディは埋まらないということです。

確かに、一方的に多数派の価値観に合わせることを強いられなくなりつつあるのは良いことでしょう。しかし、共存を認めてもらうだけでは相互理解・相互交流は成り立ちません。だとすれば、本来は両者が歩み寄る「べき」ではあるものの、多数派は必要性をあまり感じないことから、結果的に少数派が文字通り必要に迫られて努力せざるを得なくなってしまっている、という現状があるように感じます。

本当は、どちらが異なる考え方の存在を想定し、それに合わせた行動をすることが容易か? ということを考えた場合、能力的には多数派である定型発達側の方が得意なはずなのであり、不得意な発達障害者側が努力義務を事実上負ってしまっていることには何とも言えないジレンマがあると思っています。

ただ、これは恐らくどれだけ声高に世に訴えても、変わらないでしょうね。残念ではありますが。

« (434) SSTを考える | トップページ | (436) 長い休みに思うこと »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/58834958

この記事へのトラックバック一覧です: (435) 少数派のハンディ:

« (434) SSTを考える | トップページ | (436) 長い休みに思うこと »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ