« (431) 体を思うように動かす | トップページ | (433) 困った時に »

2013年12月 7日 (土)

(432) なにごともない贅沢

日常の業務にかなり追われているのとネタ切れから、今回は短文です。

いきなりですが、私がかつて泊まって良かったなと思う宿(「椎葉山荘」佐賀・嬉野温泉)のキャッチコピーとして、「なにもしないことが、とても贅沢。」という表現があります(なお、アフィリエイトではありませんので念のためw)。

発達障害の子を育てていて感じるのは、「なにごともないことが、とても贅沢。」だということ。

行事ごとがあるたびに、「大丈夫かな…」とドキドキしながら行って、たまたまうまくできてしまった時の安堵感。これは心底から贅沢な感じなんですよね。

活躍する我が子の姿を一目見たいという健常児の親御さんとは、恐らく全く違うこの感覚。理解してくれる人は、少ないとは思いますけどw。

演目が終わり、「どこにいるのかわからなかった」という状態を成長と感じられることは、それはそれで良いことなのでしょう。そういう楽しみを積極的に見つけていくくらいの姿勢の方が、負担感が下がって良いのではないでしょうか。

« (431) 体を思うように動かす | トップページ | (433) 困った時に »

療育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (432) なにごともない贅沢:

« (431) 体を思うように動かす | トップページ | (433) 困った時に »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ