« (430) ステークホルダーとしてのきょうだい | トップページ | (432) なにごともない贅沢 »

2013年11月30日 (土)

(431) 体を思うように動かす

子供の発達障害に気付くきっかけのメジャーなものとして「言葉が出ない、遅い」ということがあります。他の子と比較しやすいせいもあって、親はどうしても言葉の発達に目が向いてしまう傾向があります。

実は、発達障害の知識を持ってから改めて見ると、発達が遅れているのは言葉だけではないということに気付きます。特に、運動機能もそうなっている場合が少なくないです。ひとことで言えば、不器用なんですね。

息子が診断を受けて、そこで紹介されて最初に通った特別支援学校の未就学児向けの教室では、言葉ではなく運動の指導がメインとなっていて、最初は「もっと言葉もやってくれれば良いのに…」と思ったものでした。

でも、実際にやらせてみると運動もかなり下手で、そのぎこちない様子を見ると、「ああ、こういうところも苦手なんだ」と納得することとなりました。発達障害は、言葉が遅いだけじゃないんだなあと実感したのです。

ビーズの紐通しとか、大小さまざまな穴にぴったりのピースをはめるという微細運動と、体を大きく動かす粗大運動。先生の指導の宜しきもあって、いずれも少しずつできるようになりました。また、寝る前に手首や足首を親が持って回すということも勧められました。小さい頃からやってあげないとスムーズな動きを妨げ、可動範囲が狭くなるそうで、このようなことは想像していなかったので、やはり教えてもらって良かったと思っています。

後に、脳の言語野は運動野の近くにあって、片方が発達するともう片方にも影響を与えるという話を聞いたことがあり、運動に取り組ませる療育には言葉の発達を促す意味があることがわかりましたし、要は脳のそのあたり一帯の神経細胞のつながりと刈り込みがイマイチうまくいっていないことが、言葉や運動の不得手につながっていたんだな、と納得できました。

あれからもう6年以上が経ちました。息子の体の動きはまだまだぎこちないと感じることも多くあります。とはいえ、水泳や体操に地道に通わせたことは、それなりに効果が出てきています。そして、その直接的な効果だけでなく、やってできるようになることが本人の自信につながってきているようで、嬉しく思っています。

« (430) ステークホルダーとしてのきょうだい | トップページ | (432) なにごともない贅沢 »

療育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (431) 体を思うように動かす:

« (430) ステークホルダーとしてのきょうだい | トップページ | (432) なにごともない贅沢 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ