« (414) ABAエピソード | トップページ | (416) 二つの選択肢(2) »

2013年8月10日 (土)

(415) 二つの選択肢(1)

私以外の家族は、妻の実家に里帰り中です。ということで、私は年に一度の静かな時間を過ごしていますhappy01

息子は、妻の父(要するに「おじいちゃん」)に懐いており、妹も海遊びを楽しむ等、子供達は妻の里での居心地も悪くないようです。たまに妻から連絡が来るのですが、これまでのところ、これは困った…というような状況には陥っていないと聞いています。

もちろん妻も、家事の負担や子供の相手をする労力が軽減されて、少し気を抜くことができるようです。

…という、家族それぞれに良いことが起こっている状況ではありますが、息子はもう4年生ということもあり、今後どうするかを考えなければなりません。静かな時間を利用して、あれこれと思案中です。

■小学校前半の総括
これまでのところは、普通学級に所属したことに起因するさまざまなできごとに、都度対処するという対応がメインでした。具体的には、本人の持って生まれた足りない部分を親や療育先の先生の指導を仰ぎながら補うとともに、発生するさまざまなトラブルを処理・解決していく、ということが少なからずありました。もちろん無い方が良いことではありますが、普通学級を選択したことから不可避の通過儀礼だったという受け止めをしています。

■環境の変化
ただ、4年生の後半になってくると、中学受験をする子はその準備に取り掛かり始めると伺っています。そういう子供達は、受験に向けて神経が段々張り詰めていくであろうことは当然に予想され、最近はほとんど無くなったとはいえ息子の不規則発言・行動があったりすると、イラッとすることもあるだろうと思います。もちろん、受験以前に周囲も社会性が育ってくるとともに、そういうことに対する意識が(少なくとも周囲よりは)低い息子に対して、段々厳しい態度で接してくることも予想されます。

■息子の進路
そんな中で、息子本人も小学校を卒業する時が段々現実感を持って近づいてきています。今のところ考えられるのは、以下の4パターンくらいです。
oneこのまま公立中学に進み、必要があれば通級指導教室にも通う。
two受験校ではない人間教育重視の私立を受験する。
three特別支援の充実した私立を受験する。
four公立の特別支援学級に通う。

■親の評価
一応、可能性もこの順だろうと考えています。前提として、今、愛の手帳を持っていますが、これは12歳の時に更新手続きが必要になるものの、その時に更新してもらえるかは、かなり微妙だなと考えていて、更新されないとなるとベースは健常者として生きていくことを選ばざるを得なくなります。精神障害者保健福祉手帳の取得も考えられなくはありませんが、それはもう少し先で良かろうと判断していますし、これも取得できるかは不明です。

■健常者か障害者か
上で①~④までパターンを記しましたが、①②は健常者として生きていく、③④は障害者として生きていく、という選択をすることに結びつきやすくなります。息子の将来を考える際に、まずは大くくりとして健常者として生きるか障害者として生きるか、という二つの選択肢があることになります。そして、今の息子の状態を見ている限りでは、自己評価が極端に下がるようなことがなければ(あるいは、そのようなことが無いように注意しながら)、健常者として生きることを志向していくべきであろう、と考えています。

では、次に①と②の得失について考えたいと思います(続きます)。

« (414) ABAエピソード | トップページ | (416) 二つの選択肢(2) »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/57959131

この記事へのトラックバック一覧です: (415) 二つの選択肢(1):

« (414) ABAエピソード | トップページ | (416) 二つの選択肢(2) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ