« (412) 一学期終了 | トップページ | (414) ABAエピソード »

2013年7月25日 (木)

(413) 「人の気持ちが分からない」とは

「…あの人、人の気持ちがわからないんだよねぇ」
「ホントホント! アスペなんだよアスペ」


昼休み、とあるお店の入り口近くの席でラーメンをすすっていた時に、行列のほぼ先頭で同じく入り口付近に到達していたOL2人組の会話が耳に飛び込んできました。
…極めて複雑な心境になりました

発達障害の子を抱えている立場上、どうしても擁護する側に回りがちになるという点はご容赦願いつつ、できるだけニュートラルな立場を心がけて、思ったことを整理しながら書いてみます。

最初に、「アスペ」すなわちアスペルガーだと「人の気持ちがわからない」人の割合が多い、というのは、発達障害の解説書にまず間違いなく書かれていることから考えて否めないことなのだろうと思いますが、それでもなお「人の気持ちがわからない」と「アスペルガー」とは1対1で対応するものではありません。

言い換えると、「人の気持ちがわからない」人が皆「アスペルガー」ではないし、「アスペルガー」の人が皆「人の気持ちがわからない」わけでもないのです。

また、「人の気持ちがわかる」人が、必ず「人の気持ち」に沿うような対応をしてくれるのか? と問われたら、これも恐らくそうではないでしょう。わかっていてなおそれを踏みにじるかのような対応をしてくる人も、残念ながら世の中には少なくありませんし。人の気持ちが「わからない」のではなく「わかっていても、それを汲もうとしない」だけの人もいるのです。

…というようなことをつらつら考えた時に、「アスペルガー=人の気持ちがわからない」ではなく、人の気持ちがわからないかのように振る舞う人(わかっているのに汲まない人も含まれる)にはいろいろな系統の人がいて、ただアスペルガーに人の気持ちがわからない人が多くの割合でいるだけでありながら、まるでその代表選手のように「人の気持ちが分からない=アスペルガー」というレッテルを貼って、それで事足れりとしてしまうような彼女達の認識は、やはり明らかに間違いなのではないか? と思うのです。

更に、この間違いだけでなく、よくよく考えれば、気持ちがわからない人をアスペルガーと言い換えているだけの同語反復である点もおかしさが漂います。

次に、人の気持ちという表現も、よくよく考えるとちょっと曖昧だと思うのです。ここで言う「人の気持ち」とは何を指しているのでしょうか?

例えば、SST(=Social Skill Training)等の教室でよく行われていることですが、いろいろな表情の顔が書かれたイラストを見せられて「この人が怒っているか(或いは喜んでいるか、悲しんでいるか)」を答える、というものがあります。その場面を何回か見ている印象では、このような形で聞かれれば、答えられる子も結構多いと感じています。そういう点では、人の気持ちは「わかる」のです。

でも、この点はもう少し掘り下げが必要です。それでは、なぜ「人の気持ちがわからない」と言われてしまうのだろう? と考えているうちに気付いたことですが、世の中では結果として表出される気持ちがわかる・わからないだけが問題とされているのではなくて、むしろ、「こんなことを言ったら(あるいはやったら)この人は怒るだろう(或いは喜ぶだろう、悲しむだろう)」というような、自分の言動と相手の反応に関係性を見つけ、予測を立てることは当然できるものだと思われている一方で、アスペルガーの子はそれが下手だ、ということです。

何を言っているのか、と思われるかも知れません。例えば、ある行動をした結果としてAさんが泣き出したとしたら、Aさんが悲しい気持ちになったということはアスペルガーであってもわかる子が多いのです。でも、それがわかる子であっても、ある行動をすることでAさんが悲しむという予測ができない、あるいはそもそも何も考えずにAさんが悲しむような行動をしてしまう。このことを、一般的に「人の気持ちがわからない」と表現しているのではなかろうか、と考えると、両者の間に横たわるギャップを理解しやすくなることに思い至りました。

一言で言えば、結果として表出した気持ちではなく、その手前の段階で起こっている人の気持ちの動きを予測できないということです。その原因を考えると、泣いている状況は、表に出て見えるものだからわかる一方で、心の中は表に出ていなくて見えないからわからない、という理解の仕方をするのが一番手っ取り早いかなあと思います。

発達障害の子は、ミラーニューロンの働きが弱く、他者の行動の真似が苦手であることはよく知られています。見えている部分ですらそうなのに、見えない部分を相手の立場に立って想像することなど増して不得手でわかりにくいだろう、と考えると、極めて納得しやすくなると思うのですが、いかがでしょうか?

とはいえ、こういうことは経験である程度カバーできる部分があるのも事実です。実際に、そうやってしのいでいるという当事者の方の記述を目にすることもあります。一方で、それでも補いきれない部分というのはあって、これが何かの拍子に表に出て(冒頭のOLさん達の会話のように)問題視されることになってしまうようです。

この点、他の代替手段やアスペルガーの子でも分かる考え方を探すことは、結局のところ生きやすさに直結することでもありますし、障害特性だからしょうがない、と簡単に諦めてはならないことだと思います。更なる研究の進展が望まれるところだと強く感じています。

« (412) 一学期終了 | トップページ | (414) ABAエピソード »

発達障害」カテゴリの記事

コメント

人の気持ちがわかる人に、人を罵ることはできないと思います。
罵られる人間の気持ちがわかるならば、罵ることはできないと思います。

コメント頂きありがとうございます。

ご指摘の点は、「人の気持ちを傷つけてはいけない」という規範意識があるならば、という前提が必要だと思います。

世の中にはいろいろな人がいて、言われた人が苦悶の表情を浮かべるのを見るのが好き、という歪んだ人もいるわけですから。

うまくかわすことも大切ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (413) 「人の気持ちが分からない」とは:

« (412) 一学期終了 | トップページ | (414) ABAエピソード »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ