« (402) 味がわかること | トップページ | (404) 楽しいと感じるポイント »

2013年5月25日 (土)

(403) 運動会の季節

本日は良いお天気でしたね。息子・娘の通う小学校でも、恒例の運動会が開催されました。

朝は寒いくらいだったのですが、昼頃には日差しも強くなり、暑くもなく寒くもない絶好の運動会コンディションとなりました。

今年から息子に加えて娘も一緒の運動会に出場するということで、当たり前ですが子どもトータルの出場時間が増え、その分親の方も息抜き・油断できる時間が少なくなる、というハードな状況となってしまいました

この二人、基本的に嗜好から興味から全く合わないところ、運動面でもだいぶ到達度が違います。息子の方は発達障害にありがちな不器用さが出て運動不得意なのに対して、娘の方は、逆に人並み以上に運動能力が優れています。

ただ、両者に共通するのはノミの心臓であるところ。プレッシャーにすごく弱く、実力が発揮できない点だけがなぜかしっかり似てしまっているのは、両親の小心さが遺伝してしまっているのではないかと、ちょっと残念です。

何はともあれ本番を迎え、さて今年はどうなるだろうかと期待半分・不安半分で行ってきたのですが…。

息子は、団体競技と踊りと徒競走の3種目に出場。団体競技もみんなと一緒にできていましたし、踊りも昨年よりも更に上手になっていました。踊りの細かな部分についていききれずに、止まったり他の子と別の動きをしてしまうところはご愛嬌だと思いますが、8割以上はちゃんとできており、十分許容範囲だったと思います。

というか、テストで100点以外はダメだ、と言われたりはしないのに、どうして体を使うものは100点取るのが当たり前、みたいに基準が高いのでしょうか? よく考えれば不思議ですよね。

徒競走についても、遅い子の組の中で3位とまずまずの着順で終えることができ、いずれも問題なく参加できていました。

娘も、踊りに玉入れ、徒競走と3種目に出場。踊りは全く問題なかったのですが、徒競走はまさかの組で最下位、練習では2位だったこともあると聞いていたのですが、プレッシャーへの弱さがモロに出てしまいました。また、玉入れでは、玉を拾う方に集中して投げる方がちょっとおろそかになるという点が見られましたが、総じてよく頑張っていたと思います。

なお、子どもたちの小学校では、昼は家族で弁当を食べることになっているのですが、これまでは息子がグズグズと不平不満(暑い・疲れた・やりたくない・帰りたいetc)を言うのをなだめすかして午後につなぐこともあったのに、今回は食べるだけ食べたら、「じゃあ、戻るね」とさっさと戻っていったのにはビックリしました。ギリギリまで戻ろうとしなかった昨年までと違って、何か急に成長したような、大人になってきたような気がします。

成長する時はするんだなあと喜ぶと同時に、ちょっと拍子抜けしたというか寂しさというか、それらが混ざった空虚な気持ちも感じています。

本日が運動会だったところも多かったと思います。参加された皆様、お疲れ様でした。ゆっくりお休み下さい。

« (402) 味がわかること | トップページ | (404) 楽しいと感じるポイント »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (403) 運動会の季節:

« (402) 味がわかること | トップページ | (404) 楽しいと感じるポイント »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ