« (397) 日欧の障害受容を考えてみました | トップページ | (399) 孫の顔1 »

2013年4月28日 (日)

(398) 学校公開行事に参加して

27日は、息子・娘の通う小学校で、学校公開(昔で言う「授業参観」)行事が行われたので、参加してきました。

どうもこの時期は全国的に学校公開が行われるようで、遠くに住む姉のところでも同じように実施されたと聞きます。

息子は、実はかなり登校を嫌がりました。親が学校に見に来ることを嫌がっているというわけではなく、何で土曜日に学校に行くのかという思いがベースにあるところに、なぜ代わりの休みが無いのか、という彼の不満が原因となったようです(普段は、大抵翌月曜日がお休みになるんですけどね。学校側で元々連休で月曜日がお休みだから良いや、ということにしたのでしょうか?)。

彼のこの疑問は、ある意味では正しいと言えると思います。よく学校は社会に出るための準備期間だと言われますが、社会で一方的に休日を一日削られるようなことは、「建前では」まず無いわけですし。

何とかなだめすかして時間ギリギリに登校させた後、妻と学校に向かうことにしました。

さて、まずは息子です。

息子は、席に座って静かにしてはいました。よく発達障害の子にありがちだとされる立ち歩きや抜け出し、奇声というような問題行動は全く起こしていませんでした。

それは良いものの、授業とは全く関係ないページを開いて読んでいて、先生のお話を全く話を聞いていませんbearing。みんなが先生の質問に対して反応したり、答えようと手を挙げたり、指示に従って課題をやろうとしたりしているのに無反応で、率直にまだまだだなあと感じました。

一方、気を取り直して娘の教室に行ってみると、こちらは熱心に取り組んでいました。安心して見ていられますhappy01。こちらの姿を認めると、ニヤッとしながら手を振ってきたりと余裕も感じられます。

ただ、課題に熱心になるあまり、先生から「はい、ここで一旦手を止めて!」と言われてもそのまま続行したり、ひらがなの練習で何が気に入らないのか何度も「書いては消し」を繰り返して時間が終わってしまったりと、気持ちの切り替えがまだ不得意だな、と感じる部分もありました。

とは言え、入学して1ヶ月も経っていませんし、まあこれはご愛嬌かな、と思うことにしています。

ちなみに、娘の隣の席の子は、とても優秀だと思われる子で、娘も決して不出来ではない方だとは思うのですが、一枚(かそれ以上に)上手です。帰宅後に妻から聞くと、娘はその子に無謀にもアドバイスをしようと試みてうるさがられることもあると聞き及び、これから学校社会で揉まれていくんだろうなあと、応援と諦念の入り混じった複雑な思いが胸中に沸き起こってきました。

4月はあれこれと行事もあって、息子だけでなく娘も結構疲れているようです。GWに入ることとなり、少しでも英気を養って以後の夏に向けての日々を過ごしてもらえたらと感じています。

« (397) 日欧の障害受容を考えてみました | トップページ | (399) 孫の顔1 »

きょうだい児」カテゴリの記事

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/57262409

この記事へのトラックバック一覧です: (398) 学校公開行事に参加して:

« (397) 日欧の障害受容を考えてみました | トップページ | (399) 孫の顔1 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ