« (391) 理解を求めるレベル | トップページ | (393)発達障害の根本 »

2013年3月30日 (土)

(392)子どもの将来

最初に、アメブロってトラバが廃止されているそうで、このような紹介になってしまっていることをお詫びします。

私が常々参考にさせて頂いているNKのつぶやきさんのブログ「育児パパのあったか・やさしい発達障害談義」で、以下のエントリを読んだ時に「まさにまさに」と強く共感しました。http://ameblo.jp/kanrinin-hp/entry-11485488801.html

私は、日本が今みたいにアメリカ流の経営分析に基づく徹底した合理化を始めたのって、バブルが弾けた以降のことだと認識しています。つまり、平成もしばらく経ってからのことで、その歴史はせいぜい20年程度ということになりますね。でも、その20年の間に社会環境はすっかり変わっています。

その合理化の成果なのは間違いないと思うのですが、私が入社した頃にはいた「どう見てもこの人ヒマやろ?」というポジションの人は、確かにいなくなっています。また、私ももう良い歳なのに、全然楽になっておりません(と、ブログ更新頻度が下がり気味の言い訳をしたりしてbearing)。

…話の主題はそんなことではなくてcoldsweats01、じゃあアメリカでも日本と同様にいるであろう障害者達がどうやって生活しているんだろうと疑問を持ちますが、1990年に制定された「障害をもつアメリカ人法(Americans with Disabilities Act=ADA)」により、障害を持つ市民の権利保障が着実に推進されてきているようです。もちろん、万能な法律というモノはこの世に存在せず、この法律の制定の前後で、障害者雇用率が飛躍的に向上したということは残念ながら無いようですが、既に雇用されている障害者の職場環境改善にはそれなりに効果が上がってきているという話を聞いたことがあります。

日本にも、例えば障害者雇用促進法というものが存在しており、ある程度の規模以上の民間企業に対して雇用する労働者の1.8%に相当する障害者を雇用することを義務付けています。この数値はこの4月1日から2.0%に引き上げられます。今までの低い率でも、その率を満たさない企業というのは存在し、そこからは納付金(5万円/人・月)を徴収することとなってきていましたが、企業の発想としては、その金を払って終わりにした方がコスト的に見合うような状況であれば、そちらの選択をしてしまうことも事実上起こってしまうようです(「企業の社会的責任」という観点からは、もちろん問題ですけど)。

日本の労働関係について、例えばサービス残業とか36協定違反等もあまり重要視されない傾向が見られます。本来、逮捕権を持つ労基署がもっとビシバシ取り締まれば、そんなことはなくなるはずなのですけどねえ。同じ厚生労働省が所管する障害者雇用についても、これと同様に企業の経営に「配慮」する結果、このような本気さを疑いたくなるような逃げ道が用意されていて、厚生労働省の存在意義を自ら低めてしまっているのではないかと残念でなりません。こういう規制面から見て、同じ目的の法律があっても権利意識のしっかりしているアメリカとは効果に差が出るのだろうと思っています。

…というようなことを、評論家のように述べていてもよろしくないのは自覚していて、何かしなければと思うのですが、一サラリーマンの自分がこうすれば良いという解が見つからず忸怩たる思いを抱いています。

ただ、「障害者でもできることがある」「健常者とは違うアプローチであればできるようになる」というようなことを、見つけていく努力は続けたいと思っています。

我が家ではまだ先の話ではあるものの、社会に出るであろう子どもの将来がかかっているわけですから…

« (391) 理解を求めるレベル | トップページ | (393)発達障害の根本 »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/56921964

この記事へのトラックバック一覧です: (392)子どもの将来:

« (391) 理解を求めるレベル | トップページ | (393)発達障害の根本 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ