« (385) 広汎性発達障害のカミングアウト(3) | トップページ | (387) 広汎性発達障害のカミングアウト(5) »

2013年2月27日 (水)

(386) 広汎性発達障害のカミングアウト(4)

ちなみに、私の息子の場合、今のところ自ら主体的にカミングアウトの是非を判断できるレベルに達しておりません。

まだ息子に対する障害の告知を行っていないこともあり、息子も自分に不得意なことがあることはわかっていますが、それが世間一般では障害とされるものであるとの認識はありません。だから、周囲にカミングアウトすることによって、自分が障害者だと知られても良いかと問われても、そもそも答えられる状況ではなく、ゆえにカミングアウトについてはペンディングとせざるを得ないこととなります。

私個人としては、社会の偏見と戦うことに対して、何らためらうものではありません。でも、その「戦場」に子どもを、その意思を確認することもなく親の一存で立たせてしまっても良いのだろうか? という問いに対しては、やはりNo!だと考えています。

カミングアウトされる側は、大抵の場合広汎性発達障害と自閉症の関係すらきちんと把握できていないのが実態ですし、渾身の波動砲がズォーダー大帝の高笑いを呼ぶだけ(たびたびヤマトネタで申し訳ありませんw)でも困りますし…。

特に、親はものすごく高い確率で子どもより先に戦場から離脱する(要するに先に死ぬ)こととなることを、忘れてはいけないと思います。

もちろん、「そんなこと言ったって、言葉もしゃべれない子がどうやって意思表明するんだ。しょうがないじゃないか! 親が判断していくしかないだろう?」という反論があるであろうことはわかります。これに対しては、現実的には「然りだ」とお答えします。反論できません。

でもそれは、その子の意思表示を完全に諦めてしまっていることにならないでしょうか? 社会に理解を求めるということは、即ち社会の中で個人として尊重される存在として受け入れてもらいたいということだと考えるならば、きつい言い方をすれば、「社会に対し、障害のある子も当然の一人前の人権を持つ存在としての受け入れを望みながら、親である自分が子どもを一人前として扱おうとしていないのではないか」と考えてしまうのです。

現実社会では都合の良いところで「みんな大切な存在」「人と人との絆を大切に」等と理想論を語りながら、実際にはさりげなく、でも歴然と対応に差をつけるという対応が行われることが少なからずあり、無念の思いを感じることがあります。これに対して、障害児親が、本音(現実)と建て前(理想)の使い分けをしてしまうと、目クソ鼻クソになってしまって(汚い表現で申し訳ありません)説得力が下がるというジレンマに陥ってしまいます…もちろん、私が言っているのも「へ」がつく理屈に過ぎないとの認識はあるので、偉そうなことは言えないんですけどね(続きます)。

« (385) 広汎性発達障害のカミングアウト(3) | トップページ | (387) 広汎性発達障害のカミングアウト(5) »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/56821436

この記事へのトラックバック一覧です: (386) 広汎性発達障害のカミングアウト(4):

« (385) 広汎性発達障害のカミングアウト(3) | トップページ | (387) 広汎性発達障害のカミングアウト(5) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ