« (378) 彗星のごとく | トップページ | (380) 健常に生む? »

2013年1月26日 (土)

(379) 軽度とは

よく「重度」の自閉症とか「軽度」発達障害という表現がなされることがありますが、この言葉は誤解を生んでいるように思います。

この軽度・重度という言葉は、本来は知的障害部分にかかっているものです。例えば「重度の自閉症」は、正確には「重度知的障害を伴う自閉症」と表現するのが正しいことになります。「知的障害を伴う重度自閉症」ではありません。軽度・重度という言葉は、自閉症そのものの軽さ・重さについて表現しているものではないのです。

言い換えると、知的障害が無くて自閉症そのものが重い人も、知的障害が重くて自閉症そのものは軽い(あるいは無い)人も存在しうるということです。実際には、それほど多くはないのでしょうけど。

一方で、(私もつい使ってしまうのですが)軽度発達障害と表現されている場合、本当に軽度の知的障害があるかについては、曖昧なことが多いです。知的障害については、知能指数70以上が正常域とされることが多いので、60程度なら当然あてはまるものの、70を超えている(時に100を超えている)子でも軽度発達障害と言い表されてしまうことは、決して珍しいことではありません。

この場合は、日常生活の様子を見ながら、自閉症的な性質により「若干の困難」を抱えていると思われているようなケースにおいて「軽度」と表現されることが多いようです。つまり、知的障害の面のみを切り取った表現ではない、もっと言えば本来の使い方から見ると正しくない、ということになります。

およそ、生活の困り感は自閉症の度合いと知的障害の度合いの2つの変数によって決まり、それに対する環境面での配慮で緩和されると考えています。私も行きがかり上いろいろな場面で発達障害の子を見てきましたが、困り感と知的障害とは必ずしも比例しないような印象を持っています。言われたことを言われたようにまじめに取り組んでモノにするスキルは、余計なことを考えない方が熱心で早かったりするようなことも少なくありません。実際、知的障害が無い子よりも知的障害がある子の方が早く上手にできるようになる例も見てきています。

このようなこともあり、親として「軽度だからラクか?」と問われると「一概に言えない」という結論になってしまいますし、だからこそ支援はやはり必要だ、と考えています。このあたりは理解されづらいところかも知れませんが。

« (378) 彗星のごとく | トップページ | (380) 健常に生む? »

発達障害」カテゴリの記事

コメント

そうそう、そうなんです
だからこそ私は『知的に問題がない』と一切特性を見ずに手帳を交付されず
社会に放り出される“軽度”発達障害者の自立支援の為のNPO設立を目指
しているのですが…
理解して貰えず人も集まらずで…(泣)
サポートがあれば、出来る仕事って彼らにもあるんですがねぇ。
どんな診断があれ、支援は一生必要です。

瀬津喩さま

コメント頂きありがとうございました。

「サポートがないとできない」と考えるか、「サポートがあればできる」と考えるかでかなりの差が出ると感じていて、サポートがそれほどの労力を伴わないのであれば、それはサポートによってできるようにしていく方が良い、と思っています。

割とシンプルだと思うんですが、そういう取り組みが進まないのはなぜなんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (379) 軽度とは:

« (378) 彗星のごとく | トップページ | (380) 健常に生む? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ