« (355) 技術・美術・音楽・体育 | トップページ | (357) 特別支援の形 »

2012年9月29日 (土)

(356) 自罰・他罰

我が家では、兄妹ゲンカが毎日起こっていますbearing

その仲裁もなかなか面倒なのですがcoldsweats01、双方とも相手が悪いと言い張ります。人間、基本的に小さい時は他罰型なんだな、ということがわかります。

それが段々と成長するにつれて、内省して自分の悪いところにも目が行くようになるのであって、最初から自罰という子はいないんだと達観するようにしています(努力しているということであって、できているということではありませんhappy02)。

もちろん、それは放置しているというのとは異なり、ケンカの現場を見ていて良くないことは良くないと教え、双方にケンカにならないような方策(「そういうことを言ってはいけない」「さっさと側を離れる」「腹が立っても相手にしない」等々)を提案してはいるんですけど、なかなか実行してくれません。

正確に言うと、 実は、そうした方が得だとか、或いはそういうことをやるのは良くないということ自体は、息子も娘も頭では分かっています。個別にお話するとちゃんとそのように言います。だけど、行動が伴ってきていないというわけですね。

大人風に言うと、総論賛成、(自分にかかわる)各論反対という感じです。感情が理屈に勝ってしまっている、理屈で感情を抑えられない段階なのでしょう。

ただ、そういう過程は兄妹の双方ともに通過していくポイントであり、発達障害のある息子が、遅ればせながらもそういう成長過程の達してきていることは、喜ぶべきことだと思っています。また、兄弟がいることによる不断の社会的な関わりは、無いよりはあった方が良いのだろうと思ったりもします。

強引にそう思い込んでいますけど、日々ケンカしているのはもうちょっと穏やかにならないかと思いますねえthink

« (355) 技術・美術・音楽・体育 | トップページ | (357) 特別支援の形 »

きょうだい児」カテゴリの記事

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/55769742

この記事へのトラックバック一覧です: (356) 自罰・他罰:

« (355) 技術・美術・音楽・体育 | トップページ | (357) 特別支援の形 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ