« (344) 夏休みの初日 | トップページ | (346) 子ども会イベント »

2012年7月28日 (土)

(345) 発達は無限?

努力に比例して結果が出る━━というのが確実ならば、とにかく努力しましょうと言えます。でも、それは、世の中で普通のことでしょうか?

残念ながら世の中には、努力してもダメだったということも少なからずありますよね。

療育のことばかり考えていると、ついつい視野が狭くなります。健常児だったらどうだろう? と引いて考えることも大切で、健常児がみんな勉強すれば東大に入れるか? 一生懸命に練習すれば甲子園に出られるか? をちょっとでも考えれば、そんなことはないということも分かると思います。

元々、障害児は持って生まれたハンディからくる苦手なことがあるから障害児なのであって、努力で100%克服できるならそもそも障害児ではないのです。そういう中で、最低限のところまではできるように持っていこう、できたらもうちょっと上積みを図ろうというのが療育に向けた基本姿勢だと思っており、これはもちろん、諦めて最初から全くやらせないというのとは異なるものです。

健常児であっても、途中で燃え尽きてやる気を失ってしまう例は、決して珍しいことではありません。この点で困難への耐性が低いことが多い障害児に対しては、更に慎重な対応が必要なのは言わずもがなだと思います。このあたりのサジ加減に悩み迷う親御さんも多いと思いますし、それは決しておかしなことではありません。増して自分を責めるのも間違いです。

「やればできる、努力だ」と、勇ましいことを言う人も世の中にはいて、ついその勢いに釣られて子どもへの負荷を上げてしまいたくなる衝動に駆られることもあるかと思いますが、その結果を背負うのは、ひとえに子どもであることを再認識する必要があります。勇ましいことを言ったり、検証もされていない療法を薦めた人は、決して責任を取ってはくれません。

健常児でも発達は無限ではありません。自ずから個体で伸びシロは定まってしまう部分があります。大きな目標を立てること自体は悪くはないのですが、性急にそこまでいくことを狙っては躓きの元です。まずはベンチウオーマーでも良いから試合に参加できるように、次に四球でも良いから塁に出られるように、とコツコツやっていきましょう。ホームランを狙って大振り練習をするよりも、基本に忠実に取り組むことで、きっと着実な発達が見られることと思います。

「苦戦に砕けて死を急ぐな」は、硫黄島で米軍を苦しめた栗林将軍が兵に対し示した戦闘心得の中の一つです。療育は篭城戦のように、勝つことが難しい苦しい戦いです。でも、これを勝てない戦いだと捉えるのではなく、負けない戦いだと割り切ることで、継続自体に意味があることを再認識できると考えます。焦らず倦まずやるべきことを淡々とやる、これに優るものはありません。

« (344) 夏休みの初日 | トップページ | (346) 子ども会イベント »

療育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (345) 発達は無限?:

« (344) 夏休みの初日 | トップページ | (346) 子ども会イベント »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ