« (343) 名誉健常者を考える | トップページ | (345) 発達は無限? »

2012年7月21日 (土)

(344) 夏休みの初日

今日から夏休みです…と息子に言ったら「夏休みは23日からで、今日は土曜日」と、よくわからないというかどうでもいいというか、いかにも自閉系の子どもの言いそうなこだわり発言を頂いてしまいました。

いずれにせよ、学校に行かなくても良いという開放感は感じているようで、昨夜早速夜更かししようとするなど不埒な行動をし始めたので、それは止めました。

とりあえず、出された宿題の量を把握し、次に他にやらなければならないこととして療育教室・体操教室に行く日を確認し、さらに弱点として見えている課題(九九がちょっとあやふやである、等)を補強すること等を念頭に置いて、長い休み期間の過ごし方を「本人と」相談しつつ決めています。

この「本人と」というところは、大事です。どうしても、親主導になりがちなのですが、そうなってしまうと自分でやることを自分決めるということができなくなってしまいます。自立を意識して、自分で決めるというクセをつけていく必要があると認識していますし。

ちなみに、九九については、単なるおさらいというわけでもありません。3年生の現在、「余りのある割り算(例:.28÷9)」を習っているのですが、これをやるには「九九でおおよそのアタリ(近似値)を素早く想定する」という作業がどうしても必要になることから、この精度を高めていく必要があると判断したことによります。

学校の課題の中で、習字だとかそろばんだとかはどうでも良いと思っていますが、こういう割り算は大事だと思っていますので(会社の飲み会ですら使いますしw)、ここは着実にマスターさせたいと考えています。

「子どもの頃は、遊んでばかりだった」という方も多いと思います。私自身そうでしたし、宿題は7月中にほとんど終わらせていた記憶がありますが、今はそうでもないようです。健常のお子さんを育てている方に聞いても、やはり手助けをしながら親子二人三脚で取り組んでいる方が多いようで、言い換えるとそうしないと健常の子でもつまづくところである、ということになります。

結局、学校が嫌いになるというのは、学校で習うkとがワケがわからない状態になって、それにつき合わされることが発端だと思いますので、まずはできるだけそうならないようにサポートしていきたいと思います。

発達障害の子は、わからなくて自分の興味を持てない内容には、ますます見向きもしなくなる傾向がありますから、ここは大事に行こうと思います。

もちろん、勉強以外にも妻の祖父母の家に遊びに行ったり、キャンプに行ったりといろいろな経験をさせてあげたいとも思っていて、楽しい夏休みになるよう努力していくつもりです。

« (343) 名誉健常者を考える | トップページ | (345) 発達は無限? »

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (344) 夏休みの初日:

« (343) 名誉健常者を考える | トップページ | (345) 発達は無限? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ