« (319) 特別支援学級・学校選択をためらわせるもの(1) | トップページ | (321) 特別支援学級・学校選択をためらわせるもの(3) »

2012年3月29日 (木)

(320) 特別支援学級・学校選択をためらわせるもの(2)

二、学校側の要因

次に、学校側の要因について考えてみます。ただ、実際には選択をして「あれ、こんなはずじゃなかった!」と親がガッカリする要因、と言った方が良いかも知れません。

  1. 先生の個体の力量に差があり過ぎる
  2. 教師間、学校・教育委員会(教育センター)との連携が良くない
  3. 普通学級の生徒との交流が無い、少ない
  4. 学校を出た後のビジョンが明確でない

1.先生の個体の力量に差があり過ぎる

まずこれが筆頭に来るかと思います。力量に差があり過ぎるという表現は、オブラートに包んだような言い方で、率直に申し上げればやる意欲と能力があるのかわからない先生が多いということです。

特別支援学級・学校の先生になるのには、本来はその方面の知識をきちんと習得した人、つまり特別支援学校教諭の免許を取得している先生が望ましいのは言うまでもありません。

しかし、「当分の間」は特別支援学校教諭の免許状が無くても特別支援学校の教員となることが出来ることとなっており(教育職員免許法附則16)、実際には普通の教員免許しか持っていない人でも、夏休み等に1~2週間講習を受ければそれでOK、となっている実態があります。もちろん、免許を持っている先生もいるわけですが。

本来、特殊な知識が必要なはずなのに、親よりも知識が少ない先生が少なくない、その先生と話して不安を覚えるという経験は、残念ながら少なくありません。

2.教師間、学校・教育委員会(教育センター)との連携が良くない

インターネット全盛のこの時代にあって、学校関係の連携の悪さは特筆に値します(これは、普通学級でも同じことですが)。

教育センターでお話したことが学校の先生に伝わっているかは、都度確認しなければならず、結構な確率で伝わっていなくて同じ説明を再度させられる、学校の先生同士の引継ぎは、まず行われていないと思っていた方が良い、というような例は、よく聞かれます。

やらないための理由を探しているかのように感じて鬱になることがあります。

3.普通学級の生徒との交流が無い、少ない

入り口のところで、普通学級の生徒との交流があることを説明され、それも考慮に入れて特別支援学級・学校に入ったのに、実際はほとんど無いに等しい、と思っている親御さんも多いです。

これについては、双方の主観の相違という面も確かにあります。でも、意地悪な見方をすれば「この子を普通学級に入れると混乱必至だから、親を説得する方便としてそう言ったのではないか?」と疑いたくなるような気持ちを抱く親御さんもおられます。具体的に週に何回・どのような交流をしているのか、まできちんと説明してもらう必要があると思います。

4.学校を出た後のビジョンが明確でない

障害の有無に関わらず、子どもは成長して大人になり社会に出て行く、という当たり前のことが意識されていないのではないか、と思われる対応を感じることがあります。

ホンネベースで言えば「今、この学校・学級にいる間だけ責任を持てば良い、と思っているんじゃないでしょうね?」「後は野となれ山となれ、等と考えていないですよね?」と思わず問いたくなるようなリアクションを感じることがあります。特に、学校関係の連携の悪さがその思いに拍車をかけることになります。

これらのような経験やその経験をした先輩親からの情報によって、特別支援学級・学校選択をためらうことになっていくんだろうなあと思っています。

« (319) 特別支援学級・学校選択をためらわせるもの(1) | トップページ | (321) 特別支援学級・学校選択をためらわせるもの(3) »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/54297556

この記事へのトラックバック一覧です: (320) 特別支援学級・学校選択をためらわせるもの(2):

« (319) 特別支援学級・学校選択をためらわせるもの(1) | トップページ | (321) 特別支援学級・学校選択をためらわせるもの(3) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ