« (313) 弱っています | トップページ | (315) 継続 »

2012年2月26日 (日)

(314) 風邪⇒学級閉鎖

息子が風邪で学校を3日お休みし、さあやっと行けるようになったら今度は学級閉鎖となってしまいました。息子はトータルで春休み並みのお休みを頂いてしまったこととなります。

学校が再開すればまた登校渋りが出るかも知れません。ただ、取り合えず今の様子を見る限りにおいて、かなり元気になって快活さを取り戻している部分も確かにあります。やはり学校に行くことがストレスになっているんだなあということが窺えます。もちろん、だから不登校になっても良いということはありませんが・・・。

我が家では、風邪をひいてお休みしている間は、パソコンでのゲームを禁じました。休むことでデメリットがあることを教えないと、休むことが強化子なってしまうからです。

今回はそういうルールを設定されても聞き分けしてくれるようになりました。ルール作りをしたことだけが奏功したわけではないと思いますが、療育の先生とお話しすると、親が気づかない息子の内面の成長を指摘されたりしていることもあって、遅くとも確実に(slow but steady)進歩していることを嬉しく受け止めています。

もう1ヶ月で2年生も終わります。かなりの確率で、息子によくしてくれた担任の先生ともお別れすることとなるでしょう。加えてクラス替えもあるでしょう。そういういろいろなことがまたやってくるなと思うと正直どうかなあと考えてしまう部分もありますが、こればかりは乗り越えていくしかないのでしょうね。

それ以外でも、療育先でご一緒していたご家族が転勤でお別れすることとなりました。いろいろな人との出会いと別れ、そしてそれにともなう「いろいろ」がこれからもあるかと思いますが、動ぜずにやっていくしかありませんね。

« (313) 弱っています | トップページ | (315) 継続 »

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (314) 風邪⇒学級閉鎖:

« (313) 弱っています | トップページ | (315) 継続 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ