« (308) 親無き後 | トップページ | (310) 国力と福祉 »

2012年1月28日 (土)

(309) 社会で支えること

北海道で知的障害のある妹とマンションで生活していた姉が脳内血腫により病死、一人残された妹が凍死するという痛ましい事件が起こりました。⇒http://p.tl/BGHM

あまりにも悲惨で「冥福をお祈り」等と通り一遍の言葉で済ませてはいけないな、と思います。

この件では

  • 姉は失業して無職、生活費は妹の障害者年金のみだった
  • ガスを止められて暖房が使えなかった
  • 生活や介護などについて、区役所に3度にわたって相談していた
  • 生活保護を受給していなかった

という背景がありました。

また、妹は、姉が死んだ後に姉の携帯で「111」等に電話した履歴があり、何とか救いを求めようとしたようです。

障害のある子を育てている立場としては、何ともやりきれない思いを感じます。とともに、どうすれば実効ある対策ができるのだろうとも思います。

今回、生活保護が受給できて、かつガスが止められていなかったとしても、妹さんが一人で外に助けを求められない以上、凍死は免れても餓死していたかも知れません。あるいは、一酸化炭素中毒だとか火事だとかの可能性も残念ながらあります。

結局、リアルにこの姉妹を気にかけ、数日でも姿が見えなければ必ず様子を見に行くような人が周囲にいない限り、このような悲劇は繰り返されるということです。

今の、希薄な人間関係において、また業務効率化で人手の足りない行政において、その担い手を探すことはかなり困難ではないかと思われます。

ここは同病相哀れむではないですが、特別支援学校に対し、地域障害者のための教育業務に加え、卒業後もここを事務局として同じような環境の親や問題意識を共有できる方をある程度組織していくやり方が良いのではないか、と素人考えですが思います。

この場合、家族の側が障害を恥ずかしく思って外に出さないというようなことがあると、機能しなくなってしまいますけど。

最終的には、そういう家族同士でコミュニティを作っていく、というのもありかなとは思いますが、それはお金がかかり過ぎます。

しかるべき設備が少なく財政多難な折、できるだけ金を掛けずに実施できることってこれくらいかなと思います。

できることからコツコツと、でやっていければ良いと思います。

« (308) 親無き後 | トップページ | (310) 国力と福祉 »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/53843253

この記事へのトラックバック一覧です: (309) 社会で支えること:

« (308) 親無き後 | トップページ | (310) 国力と福祉 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ