« (285) 語りの妙 | トップページ | (287) 悩ましいこと »

2011年10月20日 (木)

(286) 負けグセ?

息子、じゃんけん弱いです

更に、さいころも下手です

さいころに下手なんてあるんか? と思われるかも知れませんが、すごろくをやっていて息子がさいころを振ると、なぜか小さい目しか出ないことが確率をはるかに上回って起こります。ひどい時は1ばかり出たりします。才能かも知れません。あるいは負けグセでもあるのでしょうか?

これで負けちゃったりすると、結構不機嫌になります。

この間も通級教室で負けちゃったらしく、終わった後はあまり関係ないことを怒りながら話していたようですが、先生も心得たもので別室でクールダウンさせたら収まったようです。

頭では自分が負けることもあるって理解できているようなんですが、まだ気持ちが完全にはついて行ききれていないのでしょう。それでも、幼い頃のパニック状態からすれば格段に良い状態になってきていますが。

よくよく観察して見ていると、妹に負けると怒り方が激しいようです。怒りのレベルに相手の「格」が影響しているのではないかと妻が言っていましたが、私に負けても怒りませんし、なるほどそういう見方もできるんだな、と納得しました。

ある意味社会性の萌芽が感じられる、という前向きな見方もできるかもしれません。

とは言え、怒りをストレートに表明するのはあまり得策ではありませんし、そういうことがあればSSTの機会だと捉えて言い聞かせていくしかないよな、と思っています。

« (285) 語りの妙 | トップページ | (287) 悩ましいこと »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (286) 負けグセ?:

« (285) 語りの妙 | トップページ | (287) 悩ましいこと »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ